ウェビナーで集客する方法

ウェビナーはオンライン上でセミナーを行いますので、集客方法もウェブを中心に考えることが大切です。
なぜなら、ウェビナーに参加する人はオンライン上で情報を集めていることが多いからです。
集客方法は特定の場所で告知をすると、集まりやすいと私は考えています。
セミナーに興味がある人が集まる場所を中心に告知していきましょう。

1、自社のホームページ
自社のホームページは自社商品に興味がある人が集まる場所ですので、告知をしたら効果が期待できます。
また、自社ホームページで集客をするなら、過去のセミナー動画をホームページに載せることは有益な方法です。
過去のセミナーを見て、次回のセミナーに参加したいと思う人が多いからです。
価値のある情報をセミナーで発信していれば、リピーターになる可能性が高いでしょう。

2、SNS
情報を発信する手段として、SNSは強力なツールになります。
SNSの強みは拡散力があることです。
例えば、ツイッターではリツイートされることで爆発的に広がります。
拡散していけば、ウェビナーに参会したい人まで届く可能性があるのです。
また、ウェビナーが個人に対しするものであれば、ツイッターやインスタグラムが有効ですし、企業向けならフェイスブックが効果的でしょう。
ウェビナーのターゲットによって、使うSNSを変えれば参加率を上げられるのです。

3、メールマガジン
問い合わせをした人や過去のウェビナー参加者からアドレスを集めておき、そのアドレスに向けてメールマガジンを送信する方法もあります。
この方法であれば、ウェビナーに興味を持っている人が多いので反応が良いです。
ただ、送信するアドレスが有効なものかを、確かめておく必要があります。
メールマガジンで集客をする場合、アドレスの有効性で大きく変わるため、送信できないアドレスなどは削除しておきましょう。

4、ウェブ広告
ウェブ広告は有料で宣伝をする方法です。検索エンジンの結果画面などに、セミナーの広告を出すことができます。
広告に使うキーワードや属性などを精査して選べば、リターンが大きいものになります。
有料で利用するのでコスパが気になりますが、かけた費用に対してクリックがどの程度あったかなどを確認することが可能です。

5、セミナーのポータルサイト
セミナーのポータルサイトで情報を集めている人は意欲が高くて、参加者になりやすいです。
また、ポータブルサイトでは口コミなども書き込まれていますので、高評価を受けるセミナーにすると、集客にもつながります。
参加したいセミナーを受ける前に、口コミを確認してから参加する人が多いため、セミナーの質を上げることが大事です。

6、オフラインのセミナーと一緒に集客する
オンラインばかりに目が行くとオフラインを忘れがちですが、オフラインに参加した人はそのままウェビナーの潜在顧客になります。
そのため、片方だけで集客するよりもどちらでも集める方が効率的なのです。
特にオフラインのセミナーに時間や場所の都合で参加できなかった人は、ウェビナーに参加したいと考えるでしょう。
また、オフラインのセミナーで集客をするときには、ウェビナーでは別の角度から説明をしますなどの文言があるといいです。
オンとオフで差別化ができていると、どちらにもお客さんが集まります。

7、動画配信サイトで集客
動画配信サイトを見る人はウェビナーに参加しやすいです。
なぜなら、動画を見ることに慣れているために、ウェビナーに違和感がないのです。
動画配信サイトには有料で広告が出せますので、有効活用すると集客が期待できます。