ウェビナーをリアルセミナーと比較して見えるメリット

ウェビナーをリアルセミナーと比較してみると、大きな違いがあります。例えば、リアルセミナーはその場にいなければ学べないですが、ウェビナーであれば過去に行なったセミナーを何度も見ることが可能です。それによって、ウェビナーは幅広い人が学ぶ機会を作れるというメリットがあります。

さらに、場所と時間を選ばないこともウェビナーのメリットです。場所が遠くてセミナーに参加できない人は少なくありませんが、ウェビナーであれば、どこに住んでいてもオンライン上で参加が可能になります。

また、録画で配信するのであれば、参加する時間を自分で決められます。その他にも、会場費や人件費などを大幅にカットできる点もメリットの一つです。ウェビナーであれば大きな会場を借りる必要がないので、費用を抑えられます。

場所に関するメリットには、受講生の人数を考えなくていい点もあります。リアルセミナーでは会場に入りきらない人数になったら、集客を止めるしかありません。しかし、ウェビナーであれば、どんなに人数が増えても全員が視聴可能です。

もう一つメリットとして大きいのは、双方向のコミュニケーションができることです。質問を受け付けたり、アンケートを取ったりすることが容易にできます。事前に質問を受け付けておけば、ウェビナーの途中で答えられるでしょう。

受講者の疑問に答える内容になれば、満足度は高くなります。リアルセミナーでは一方通行の情報の伝達になりがちですが、ウェビナーでは受講生の声を反映しやすいのです。

 

ウェビナーは幅広い活用が可能

ウェビナーを効果的に使う方法は、活用の仕方によって大きく変わります。無料でウェビナーを開催した場合潜在顧客の掘り起こしに使えます。

例えば、無料ウェビナーで不動産投資を学んでもらい、興味を持たせることができるでしょう。そして、その潜在顧客に不動産投資に関するバックエンドの商品を紹介します。ウェビナーと商品などが連携していれば、購入につながる可能性が高く、ウェブ広告などで商品の説明をするよりも、ウェビナーで説明をする方が顧客の信頼度は上がるのです。

また、無料のウェビナーから有料のウェビナーに導く方法もあります。無料で情報を公開して、一定以上の情報は有料で配信する方法です。無料ウェビナーに参加した人がさらに情報を知りたいと思えば、有料でも学ぼうとします。

その他にも、全てを有料のウェビナーにするという活用方法があります。有料セミナーしかないので、ある程度の顧客を確保できれば売り上げが安定します。

著名人などは独自の有料ウェビナーを開いていて、それがコンテンツとして認知されているのです。ウェビナー講師にネームバリューがあれば、最初から有料コンテンツとして利用するのは有益でしょう。

 

BtoB企業ではウェビナーが必須の手段になる

企業などではインターネットが発達してから何かを購入する際、担当者が自分で調べて購入することが増えました。そのため、営業を受けてものを買うことが減ったのです。また、自分で調べたい人は、営業を受けたくない人が少なくありません。

そして、そのような購入方法の際に役に立つのがウェビナーなのです。商品紹介をウェビナーで配信しておくことで、商品を探している企業の担当者が視聴し自分の基準で購入を決められます。

したがって、ウェビナーで魅力的な商品紹介を提供できれば、営業に出向くことなく顧客の獲得ができるのです。特にBtoB企業ではウェビナーが充実していると、企業の信頼度が上がって商品の売上にも繋がります。

ウェビナーは、今後も売上アップに必須な手段になっていくでしょう。