ウェビナーツールでおすすめの事例

ウェビナーツールはそれぞれのアイテムによって、性能から価格まで大きく違います。また、インターネット環境があれば使用可能なものもあり、使い方も大きく異なります。

ツールによっては思い通りのウェビナーを実現できないことがあるため、ツールを選ぶときには自分が行うウェビナーの規模などをあらかじめ考えておくことが大事です。

さらに、ウェビナーツールの長所と短所を見極めてから選択すると、思い通りのウェビナーを開催する助けになります。

 

FreshVoiceWebinar

「FreshVoiceWebinar」はこちら>>>

エイネット株式会社が自社開発した「FreshVoiceWebinar」は、最新のWebRTCを利用しています。インストールが不要で簡単に使い始められるだけでなく、200人への同時配信ができる優秀なツールです。

さらに、参加者全員とチャットが可能で、資料の共有機能も備わっています。そのため、ウェビナーで双方向のコミュニケーションを実現するツールとして活用できます。

また、多くの拠点をつないでウェビナーを開催したときに、通信状態が悪くなったとしても映像と音が途切れない工夫がされています。その他にも、無料トライアルがあるので、試しにツールを体験できるので便利です。

 

V-CUBEセミナー

「V-CUBEセミナー」の大きな特徴は、インターネット環境があればどこからでも利用可能なことです。他に、日本語を含めた5ヵ国語に対応していることも特徴の一つです。セミナールームが5つあり、それぞれが2000拠点への配信が可能です。

また、24時間365日体制でサポートをしてくれます。初心者はウェビナーを開催するときに問題が起きると、なかなか解決できません。そんなときはサポートが解決してくれますので、初心者でも安心してウェビナーを開催できます。さらに、終わったあとのアフターフォローまでサポートしてくれます。

そして、もう一つある特徴は自分のウェビナーに合わせたカスタマイズが可能なことです。カスタマイズすれば、次回以降も同じ設定で利用可能です。

 

コクリポウェビナー

「コクリポウェビナー」は低料金を特徴としたウェビナーツールです。他のツールではできない低料金を実現していますが、低価格でありながら、高い機能と品質を保っています。ちなみに、年払いで契約すれば、さらにお得な料金プランになっています。

また、「コクリポウェビナー」は専用ツールが必要なく、参加者はアカウント登録をしなくても利用できます。なお、高機能を求めるなら、一番上のプランであれば、最大300人の同時接続が可能になっているのです。無料で使用する方法もありますので、試してから利用する方法が有効です。

 

ネクプロ

「ネクプロ」はシンプルで使いやすいことが特徴になっているツールです。そのため、初心者でもウェブカメラがあれば、手軽にウェビナーを始められます。また、このツールはパソコン、スマホ、タブレットなどのどんなデバイスでもウェビナーに参加できるのが特徴です。

一方で、集客、企画、運営のサポートなどを依頼することもできます。さらに、受講者の状況やアンケートの結果などを分析することができるので、情報が手に入れば次回以降のウェビナーに生かせるでしょう。その他にも、希望によって専用スタジオの手配や司会を派遣できるなど、きめ細かいサポートが特徴です。

 

GigaCast

「GigaCast」は高性能を特徴としているツールのため、高画質で配信することができます。

また、招待セミナー、申し込みセミナー、オープンセミナーとタイプ別にセミナーを分けて開催することができ、それぞれのタイプにあった機能の利用が可能です。さらに、受講生の出欠確認などの機能があるので、様々な情報を得られます。