ウェビナーを使った5つの成功事例

ウェビナーには活用方法が色々とあるため、成功事例は多岐に渡ることが多いです。

また、ウェビナーはセミナーをオンラインで行うだけのものではありません。効率を上げたり、参加者を増やしたりできるツールです。例えば、国家で問題になったことを解決することができた事例もあります。

 

情報伝達効率を上げた事例

地域ごとに支社や支店がある大きな会社では、重要な情報を伝達するには時間がかかっていました。また、それぞれの地域に専門のスタッフが行って説明するとなれば、時間だけでなく、経費も掛かります。

これを変えたのがウェビナーです。全社員向けのウェビナーを作成して、グループ単位で視聴することを義務付けたのです。これであれば、情報を伝達するのに配信をするだけでよくなります。

さらに、海外であっても録画したものを配信するので時差を気にすることなく共有できるようになりました。その他にも、配信を見直すことができるので、一度で覚えられないことがあっても安心です。

 

遠方の採用効率を上げた事例

遠方の学生を採用するには、地方まで説明会を開きに行く必要がありました。それでもなかなか採用できないことがありましたが、ウェビナーを導入し説明会を配信することで、地方まで出向く必要がなくなりました。

また、遠方から説明会に参加する学生も、ウェビナーで手軽に説明会に参加できるようになったのです。これであれば、会社と学生の両方の負担を減らして説明会が開催できます。負担が減ったことで学生の説明会への参加数が伸びて、採用数も伸びました。

 

オンライン営業で営業効率にした事例

顧客への説明にウェビナーを利用した事例です。商品に関する説明をウェビナーですると、顧客訪問をする必要がなく、これは大きな経費削減になります。

特に、顧客が地方にいるときには、顧客訪問できる範囲には限度があります。それをウェビナーで説明できるのであれば、効率よく営業できるでしょう。中でも、ウェビナーでは双方向のコミュニケーションができますので、質問に答えることも容易にできます。

また、ウェビナーを配信しておけば、そのウェビナーを見た顧客からの問い合わせがあるため、営業を勝手してくれるツールとしても活用できるのです。

 

遠方からのセミナー申し込みを増やした事例

オフラインのセミナーで問題になるのが、開催場所です。場所によっては参加できない人が、多い可能性もあります。そうなると、遠方の人はセミナーを受けることができなかったのです。

これがウェビナーであれば、場所に関係なくセミナーへ申し込むことができます。なぜなら、インターネットにつながっていれば、自宅からでも参加できるからです。ウェビナーを開催して、遠方からの申し込みが増えた成功事例は多いです。

 

資格の免許更新や授業の配信を行なった事例

ある国では医師の国家資格を更新するために、ウェビナーを活用した事例があります。医師の資格更新にはセミナーを受けることが義務付けられていますが、国中の医師が資格更新のためにいなくなると、その日は医師が不足するという問題を抱えていました。

そこでウェビナーで資格更新のために講義を行ったのです。これであれば、現場から離れることなく資格更新ができます。また、もう一つあるのが学校の授業をウェビナーで配信した事例です。

国土が広い外国では特定の授業をする先生が、その地域にいないことがあります。その問題を解決するために、ウェビナーを利用したのです。ウェビナーであればその地域まで出向かなくても、授業をすることができます。