スピーカーフォンとは何か

スピーカーフォンとは、スピーカーと集音マイクが搭載されている機器です。スピーカーフォンを利用することで、受話器なしで通話できるところが大きな特徴となっています。わかりやすく言えば、電話やスマートフォンでハンズフリーの状態にして相手と通話するようなイメージになります。

また、もう一つの特徴として、集音マイクを搭載しているので複数人が集まった時にやり取りがしやすいという点が挙げられています。これは受信側だけではなく送信側も複数人で利用することが可能で、お互いに大人数が参加する研修やセミナー、会議などのビジネスシーンで利用されることが多いようです。

スピーカーフォンは種類によっては持ち運びがしやすいもの、USB接続型で場所を選ばずに利用できるものなど多種多様なものがあります。そのため、スピーカーフォンの利用を検討する時には、シチュエーションや利用する場所に合わせて適切な機能を持っているものを選択することが可能です。

 

 

ウェビナーでスピーカーフォンを使うシチュエーション

通常のウェビナーはパソコンに内蔵されているマイクやスピーカーを利用するため、わざわざスピーカーフォンを用意する必要はないですよね。特に開催者や参加者それぞれが1台のパソコンを占有した状態の場合、スピーカーフォンを利用することはほとんどありません。

ではどのようなウェビナーでスピーカーフォンを利用するのかというと、例えば複数人の参加者が1台のパソコンやスクリーンの前に集まっているようなシチュエーションです。この場合、画面やマイク、スピーカーの近くにいる参加者は開催者の声が聞きやすく自分たちの声も届けやすくなっています。

しかし、遠くにいる参加者では音声が聞き取りにくかったり意見や質問を投げかけても開催者まで届かなかったりする可能性がありますよね。また、開催者側にも複数の人間がいるシチュエーションの場合でも、1つのパソコンのマイクやスピーカーからだとなかなかうまく音声を届けられない場合も考えられます。

このように開催者や参加者が複数人いるなど、多人数型のウェビナーはスピーカーフォンを利用することで全員が平等に音声を届けたり聞いたりすることができるようになるのです。そのため、ウェビナーでスピーカーフォンを使うのは、規模に関係なく複数人が参加するシチュエーションがメインとなっています。

 

スピーカーフォンは何をポイントに選ぶのか

ウェビナー用のスピーカーフォンには色々な種類や機能を搭載しているものがありますが、まず選び方のポイントとして「使用するシチュエーションに合った機能のものを選ぶこと」が大切です。

例えば、小さな会議室に少人数で集まるタイプのウェビナーであれば、指向性と収音半径はそこまで広いものでなくても構いません。どちらかと言えば携帯性や持ち運びを重視する方がおすすめだと言われています。

一方、大規模な会議や大人数が集まるタイプのウェビナーでも携帯性や持ち運び安さも大切ですが、全員に音声が届くように指向性と開催者が音を聞き取りやすいように収音半径を意識して選ぶ方が効果的です。

他にも、「接続方法を検討すること」も、選び方で大切なポイントと言えます。スピーカーフォンの主な接続方法はBluetooth接続・NFC接続・有線(USB)接続の3つが挙げられています。

まず、Bluetooth接続は会議室のデスクなどの中央に設置して大人数でスピーカーフォンを囲むようなシチュエーションで利用されており、コードレスで設置場所が自由である点が魅力です。次に、NFC接続は端末をかざすだけで接続することができるもので、手軽に利用できる点や持ち運びに便利な点がおすすめ。

そして、有線(USB)接続は価格がリーズナブルなものが多く、ペアリングの登録制限がないため会議室に常備することも可能です。

それ以外にも、ノイズキャンセラーやエコーキャンセラーなど、マイクやスピーカーそのものの機能が高性能であるかどうかも選ぶポイントとして重要だと言えます。