リアルタイム配信と録画配信の特徴

Web会議システムなどのシステムを用いてウェビナーを行う場合、決まった時間に撮影・録音しながら生放送を行うリアルタイム配信と、あらかじめ録画しておいた配信データを告知した日時に配信する録画配信の2種類の方法が存在します。

リアルタイム配信の大きな特徴は、その名の通り撮影しながら同時に配信も行うという「撮って出し」方式であることです。生放送であるため、オンライン上でありながらもオフラインのセミナーのような臨場感やライブ感を演出することができます。

また、リアルタイムでセミナーを行っているため、当然講師および進行役は視聴者の画面の向こうに存在しており、双方向のコミュニケーションが成り立つ点も大きなメリットです。例えば、質問を受けてその場で回答したり、反対に講師が質問をしたりすることもできます。

他にも、参加者を飽きさせないために、簡単なクイズを出題したりアンケートを実施して今後のウェビナーの方向性をカスタマイズできたりと、さまざまな可能性が詰まっています。さらに、動画途中では参加者のコメントも表示されるため、多種多様なセミナーが可能です。

一方、録画配信は、事前に撮影したり動画を編集しておいたりしたものを配信する方法であるため、コンテンツ内容の充実度を高めることができます。スライドショーや再現VTR、効果音や音楽を効果的に付与することができ、参加者の満足度を上げて集客率を向上させるといった手法も可能です。

また、リアルタイム配信は決まった時間に視聴できなければライブ感を味わうことができません。しかし、あらかじめ録画されたものであり24時間いつでも試聴できる録画配信は、より多くの人に見てもらいやすくなります。

なお、リアルタイム配信と同様に動画途中の参加者からのコメントは表示されるため、顧客からの反応や方向性を吟味することも可能です。

 

 

2つそれぞれの配信の有効活用法

リアルタイム配信は生放送という臨場感を活かした「音楽イベント配信」といったものから、双方向のコミュニケーションが随時行えるという特性を活かしたビジネス会議や討論会などさまざまな活用法があります。

中でも、ウェビナーで活用するならば、英会話やパソコンなどのレクチャー配信などが適しています。特に、始めたての初心者を対象にすると、随時質問を受け付けながら問題解決しつつ進行することができ、参加者の満足度を上げることが可能です。

また、講師の細かい動作や発音を見て、他の参加者からまた違った角度の質問が飛び交えばさらにウェビナーのクオリティは上がることでしょう。

他にも、他業種や海外からゲストを招いて、講義を行いつつ質疑応答も実施するといったスタイルのウェビナーにも向いています。もちろん撮影を行う会場に招かず、中継しつつ配信するという方法が採用できるのもオンラインで行うウェビナーならではのスタイルです。

反対に録画配信をウェビナーに利用するのであれば、やや専門的な内容であったり難度の高い内容をレクチャーしたりする際に適しています。

例えば、物理や化学、数学など学術分野での難問の解説や、計算式・概念の導き方を解説するには文章だけでなく図や映像もあった方が分かりやすいです。

さらに、翻訳や語学における学び方のポイント、対位法や和声法といった音楽理論の中でも高度な内容をスピーディーに消化するには、編集を用いてムダ無く伝える配信の方が好まれます。もちろん経営学や簿記など、さまざまな分野のウェビナーにも活用できます。

その際、参加者からのコメントを少しずつ反映させて方向修正を図ることで、参加者の満足度と集客の向上が見込めるでしょう。