ウェビナーシステムを選ぶときに重要なこと

ウェビナーシステムは有料・無料を合わせて複数のシステムが存在しています。そのため選ぶときには迷いそうですよね。そんな中で選び方で重要になってくるのが、ウェビナーシステムの特徴です。

ウェビナーシステムは配信方法から、使い方までそれぞれのシステムによって異なる場合が多いです。手軽で簡単だけど高度な加工はできないものや、配信は簡単だけど編集は手がかかるものなどの特徴がそれぞれにあります。その特徴を把握した上で選ぶことが大切になります。

また、視聴者目線でシステムを選ぶことも重要です。例えば、無料でウェビナーシステムを使えるものの中には、配信中に広告が入るものがあります。無料で使っているので広告が入るのが一般的ですが、その広告がウェビナーの邪魔になるのでは視聴者は見なくなってしまいます。視聴者に見てもらえないのでは、無料でも配信する意味がなくなるでしょう。

視聴者の見やすさを考えてウェビナーシステムを選ぶと、視聴者がリピーターになってくれる可能性があります。

他に選ぶときに重要になるのが、手軽さです。ウェビナーは生で配信するだけではなく、後日配信したものを閲覧できる機能を持っているものがあるのです。その手軽さがウェビナーの強みなのですが、手軽に閲覧できないものもあるので注意が必要でしょう。

 

ウェビナーシステムはイメージが大事

ウェビナーを実際に自分でしているイメージが持てないと、上手くウェビナーを開催できないかもしれません。そのウェビナーシステムを使って、開催している姿をイメージしてみることが大事です。明確にイメージできるのであれば、上手くそのウェビナーシステムを使いこなせるでしょう。

ただし、実際に使ってみてから判断する方が無難です。実際に使ってみたら想像とは違ったということが起き得るからです。そのようなことがないようにトライアルを利用するといいでしょう。

トライアルではウェビナーの流れを意識して、その流れに沿ってウェビナーを録ってみます。使って機能を確認しておくと、間違いがないです。知らない機能やわからない機能などはそのときに確認しておくと、あとで使うときに役に立ちます。知らない機能はウェビナーの妨げになる可能性があるので、確実に知っておくことが大事です。

また、イメージをして、トライアルで試したあとはレビューをします。どの点がよくて、どの点が良くなかったという点を書き出しておきます。そのレビューを各ウェビナーシステムごとにしておくと、ウェビナーシステムを選ぶときに参考になるでしょう。

選ぶ基準は1つではないので、良いところ悪いところを比較することになります。具体的にどのような点が良かったかということがわかっていると、選びやすくなるのです。

 

ウェビナーシステムの使い方

トライアル利用時のチェックとして、どのように実際使うのかを整理することは大事です。実際の使用方法に合わせたチェックができれば、使うときに困ることが少なくなります。

まず、ウェビナーシステムの使い方として多いのが資料共有です。

資料共有をどのような方法で行うかをチェックします。資料共有はウェビナーでは一般的な使い方ですが、方法は違う場合があります。視聴者に資料を送るシステムもあれば、閲覧のみできる資料共有の仕方もあるのです。共有の仕方にこだわりがあるのであれば、その点をチェックしておくといいでしょう。

他には質疑応答の方法も確認するといいでしょう。

ウェビナーでは視聴者がコメントを書き込むタイプが一般的ですが、他の方法もあります。質疑応答はウェビナーの重要なポイントなので、どのような使い方ができるかを確認しておくといいでしょう。

また、ウェビナーでは録画をして開催後公開することができます。

その方法としては動画サイトに投稿するなどの方法がありますが、各ウェビナーシステムで違う可能性があるのでチェックする必要があります。

配信に関しては生配信の方法も確認するポイントです。

生配信は需要が高いので、使いたい機能の1つです。使い方は配信ボタンを押すだけと難しくないですが、できるかどうかを含めて確かめておくといいでしょう。

もう1つ確認するといい使い方として、公開後の動画についてです。

動画をアップロードするとそのあとは視聴者が見れるものになりますが、管理の仕方を確認しておく必要があるでしょう。管理方法としては、通常はWEB上で管理できます。