ウェビナーの普及率

ウェビナーをオンラインに関連している企業が段々と使い始めています。

全体的な普及率は低いかもしれませんが、IT企業に限れば一般企業よりも普及が進んでいるのです。先にウェビナーが広がっているアメリカでも同じような道筋で広がっているので、普及率はIT企業の枠を越えて上がっていくでしょう。

一方、ウェビナーの普及率で目を引くのが、セミナーを専門に行っていない企業の参加率です。Web系の企業や通販会社などはセミナーが専門ではありませんが、ウェビナーを行うことで集客につなげる狙いを持って、開催しているのです。

そのような狙いにウェビナーが活用できると理解しているために、セミナーを専門に行う企業でなくてもウェビナーを取り入れています。ウェビナーは活用の幅が広いので、そのメリットに注目した企業が活用し始めているのです。

 

ウェビナーの今後の流れ

ウェビナーは今後も広がっていきます。特に無料でウェビナーを行えるシステムが広がっていけば、ウェビナーが一般的に知られるきっかけになるでしょう。

このようなシステムができあがれば、個人で作ったウェビナーが多く投稿されるようになります。ウェビナーで自分の専門分野について解説している動画を、一般の人に見てもらえるチャンスが手に入るのです。その機会を逃しはしないでしょう。

広告収入などと連動させて、稼ぐ人が現れるかもしれません。専門分野は様々なジャンルがあるので、個人が参戦する余地があります。動画投稿で稼ぐ人が現れたように、ウェビナーだけで稼ぐ人が現れてもおかしくありません。

ただし、一度は爆発的に増えるかもしれませんが、役に立つウェビナーだけが生き残っていきます。生き残るためにはコンテンツの中身が重要になります。需要があるコンテンツを、高い頻度で提供し続けられる人だけが生き残ることができるでしょう。

また、ウェビナーのシステムが確立できれば、一般の企業が参加する確率は高いです。セミナーを行うことで集客ができる企業にとっては、ウェビナーを積極的に取り入ることで新しい顧客の獲得につなげることも可能でしょう。

アメリカのようにウェビナーが一般的になるにつれて、セミナーを行っていなかった企業も参加するかもしれません。その場合もコンテンツのクオリティが低いと、淘汰されるでしょう。

オンラインでセミナーを見る人は中身が役に立つものではない限り、簡単に見るのを止めてしまいます。そうやって止めてしまった後は、戻ってくることはほとんどありません。ウェビナーを見なくなった視聴者を引き戻すのは難しいので、段々と視聴者が減るウェビナーになってしまうのです。

 

こんな企業がウェビナーをはじめてます!

ウェビナーは活用範囲の広いシステムですので、色々な企業が活用しています。活用事例も様々で、それぞれの企業の特色を活かしたウェビナーを行っているのです。

このようなウェビナーを行うことは、企業にとってはメリットが多いです。企業の宣伝にもなりますし、新しい顧客の開拓につながる可能性もあります。

また、それぞれの企業の専門分野についてウェビナーを行えば、その専門分野の知識を知りたいと思う顧客は見てしまいます。

それがきっかけとなり、顧客が広がっていくという現象も考えられます。ウェビナーはその顧客を集めるきっかけになり得るのです。このようなことを実際に実践している企業の事例については、こちらの記事もご参照ください。https://webinar.freshvoice.net/contents/webinar2018062702/