ウェビナー開催で準備するもの

ウェビナー開催で準備するもの ウェビナーを導入するときに、マイクやカメラは必要となります。このマイクやカメラはパソコンに内蔵されているものがあるので、それを使う人もいるでしょう。しかし、マイクやカメラは外付けのものを使った方がいいです。

例えば、内蔵マイクはエコーがかかったり、音声トラブルを起こしやすいです。外付けのマイクであれば、トラブルが起きたときにマイクを代えるだけでいいですが、内蔵だとそうはいきません。

また、マイクとしてヘッドセットを使う人がいますが、ヘッドセットだと耳元でささやいているように聞こえる特徴があります。一方で、手持ちのマイクだと臨場感のある音声になります。どちらのマイクを選ぶかはコンセプトに合わせるといいでしょう。

カメラも外付けがいい理由は、明るさを自動調整してくれるので画質がよくなるからです。動画で画質が悪いと視聴者が離れてしまう可能性があります。その点を考慮すると、画質はできるだけ上げておく必要があるのです。

他に準備するといいものとして、説明するためのホワイトボードなどが挙げられます。説明を分かりやすくするために、ホワイトボードを準備する人は少なくありません。ただし、ウェビナーであればホワイトボードではなく、パソコン画面を共有することで説明することも可能です。

このような分かりやすく説明するために必要となるものを、事前に準備しておくことも大切です。

 

ウェビナー導入に必要なこと

ウェビナーを導入するときに必要なこととして、イメージトレーニングは欠かせません。ウェビナーをしている自分を想像することで、何が必要なのかが見えてきます。イメージをすると何が欠けているのかも分かりますので、改めて準備をするといいでしょう。

他に準備することとして、ウェビナーで話すストーリーも必要です。どのような話をするかは予め考えておかないと、話がちぐはぐになることが多いです。視聴者からすれば話が飛んでしまうと、ついていくことができなくなります。ストーリーは大まかな台本のようなものを用意しておき、脱線しすぎないように進めることがポイントです。

準備するものとしてセミナーの資料も大事です。視聴者が分かりやすいように資料を用意しておいて、それを見せながら説明すると分かりやすいウェビナーになります。

また、配信環境の確認を予めしておくことも大切です。配信環境が整っていないと、動画を配信できないことや動画が遅くなるということが起こり得ます。

そのようなことが起きると視聴者にとってはストレスになり、見てもらえなくなる可能性が高いです。予め確認しておくことでそのようなトラブルは避けることができます。そのために事前に配信してみるというのは有効な方法です。事前に配信することでトラブルがないかの確認ができるからです。実際にトラブルなく配信できれば、安心して本番に臨めます。

もう1つ事前に準備することとして、練習をしておくことです。練習のために動画を録ってみると、動画の質を確かめたり、音声の質を確かめたりすることができます。

練習を繰り返していくと、段々と話や進め方が上手くなることがわかります。始めは上手く話せなかったことが、繰り返すうちにスムーズに話せるようになるのです。練習をしないと、たどたどしいウェビナーになってしまう可能性があります。そうならないように練習をしておくと、視聴者が見やすいウェビナーになるでしょう。

練習をしてみるとストーリーの問題点なども見えてきますので、改善するとよりいいウェビナーになります。