話題のウェビナーシステム

耳にする機会が多くなった「ウェビナー」、ご存じの方も多いと思いますが、Web+Seminar=Webinar という造語で、ウェブ上でセミナーを開催することを意味します。

これまでのセミナーは、どこかの会場を借りて開催されるため、興味があっても時間やタイミングが合わないと参加することができないという問題がありました。

一方で、ウェビナーはどこにいても気軽に参加することができるため、注目を浴びている形式のセミナーです。言い換えれば、セミナーの開催が簡便に行えるため、参加者だけでなくセミナー開催側にも大きなメリットがあります。そのため、ウェビナーの導入を積極的に検討されている方も多いのではないでしょうか。

しかし、いきなりウェビナーを導入するのは心配であるという方も多いはずです。そんな方は、ウェビナーシステムのトライアルをしてみてはいかがでしょうか?

 

トライアルで確認すべき・押さえるべき5つのポイント

非常に便利でメリットの多いウェビナーシステムですが、せっかく導入したのに上手く機能してくれない、ということがないように、トライアルの際に必ずチェックしておくべきポイントがあります。

1) 音割れ・音質
直接話すのではなく、ネット回線を経由して話すために生じる問題、それが音割れや音質です。
例え多くの方がセミナーに参加してくれたとしても、音割れが頻繁に起きたり音質が低かったりすると、伝えたいことが全く伝わりません。それどころか、マイナス印象を受けてしまう可能性も。そのため、ウェビナーシステムのトライアルの際は、まず音割れの有無や音質の善し悪しを確認しておきましょう。

2) システム機能
様々なウェビナーシステムが提供されていますが、システムごとにその機能は様々です。
画面共有機能やチャット機能、参加者の音声発現機能などリアルタイム対話を実現できるようなツールもあります。他にも、ペンツールによる書き込みが可能、録画機能が充実しているなどシステムごとに特色があります。
そのため、トライアル時には機能をチェックし、自身の思い描くセミナー開催とシステムがマッチしているか押さえておく必要があります。

3) 専用ソフトウェア
ウェビナーシステムの導入にあたり、専用ソフトウェアが必要な場合があります。専用ソフトウェアには、様々な機能が搭載されているため、開催するセミナーの手助けとなるはずです。
しかし、セミナーに参加する側からすると、専用ソフトウェアのインストールなどが手間に感じる場合も。その点を考慮して、システムを選択する必要があります。トライアルの際には、専用ソフトウェアが必要か否や、また使い勝手をしっかりと確認しておきましょう。

4) ライブ配信サポート
ウェビナーシステムの導入を検討中の方には、ライブでのセミナー配信を考えている方も多いはず。しかし、これまでにライブ配信をしたことがないため不安、という方もいるのでは?
様々なウェビナーシステムがありますが、中には撮影から配信までを行ってくれるものがあります。トライアル時には、ライブ配信サポートをしっかりとチェックしておきましょう。

5) 料金形態
さて、トライアルの結果、理想のシステムが見つかった。ウェビナーシステムを導入して、セミナーを開催するぞ!となったところで、ちょっと待ってください。
そのシステムの料金形態は、ご自身の使用頻度を考えたときに適正ですか?システムごとに料金形態が違います。

1セミナーごとに料金が発生するプリペイド制
月額制
年額制
従量課金制など
場合によっては初期費用が必要なこともあります。

使用料はしっかりと確認しておかなければ、実際に導入した際に思わぬトラブルのもととなります。最高のウェビナーを開催するために、入念にチェックしておきましょう。