セミナー開催には、あらゆる問題がつきものです

セミナーを開催するときには、事前の入念な準備や数々の問題がつきまといます。

「大きな会場を確保しないと」「資料を人数分準備しないと」「セミナー開始前に到着して準備しないと」など、色々なタスクを考えるとバタバタしてしまいがちです。せめてセミナー関係の仕事に専念できればいいものの、現実はそうもいきません。色々な仕事を抱えている身には、時間のやりくりがなかなか厳しいですよね。

「セミナーは成功させたい、でも時間をもっと有効的に使いたい!」そう考えているビジネスマンのあなたには、会社にいながらセミナーができるウェビナーがおすすめです。

では、ウェビナーをすることによってそれらの問題はどう変わるのでしょうか。ここからはセミナー開催に関わる問題点を挙げ、それをウェビナーならどのように解決できるかを、具体的に紹介していきます。

 

スケジューリングしやすいウェビナーで、時間を有効活用!

セミナーを開催するときは、まず会場に移動するための時間がかかります。さらには机や椅子を並べたりマイクやプロジェクターをセットしたりなど、会場のセッティングを行う時間も必要です。他には参加人数分の資料を配布したり、照明を調整するなど、現地で行わなくてはいけない直前の対応は数多くあります。

ウェビナーならその時間が不要なので、隙間時間を有効活用でき、比較的スケジューリングしやすいというメリットがあります。

例えば社内での打ち合わせや商談がある日にセミナーを入れたいとき、会場までの移動や準備の時間を考えるとスケジュールに入れるのはやめておこうかな、と思うこともありますよね。

ですがウェビナーなら移動時間がない上に、会場で行わなくてはいけない準備をする必要もありません。オフィスの一室などでウェビナーに使うツールを立ち上げ、あとは開始時間を待つだけです。さらに一度セミナーを録画してさえおけば、以降はそれを使って配信することもできます。

今までそれらの対応にかかっていた時間がそのままなくなると思えば、その分を他の業務に充てたり、残業時間を短くすることが可能になります。このようにウェビナーの第一のメリットは、業務効率化につながることなのです。

 

意外と面倒な会場の手配も、ウェビナーなら必要なし!

さらにウェビナーならではの利点がもう1つあります。それは大きな会場を押さえなくても良いことです。

セミナー開催では会場を決めることがかなり大変ですよね。まずは参加人数を把握し、それだけの人数が入る会場を探しだし、予約を確定させなくてはなりません。その分の時間はもちろん、会場費や設備使用料などのコストもかかりますよね。

ですがウェビナーであれば、どこでもセミナーが開催できるので会場を手配する必要がありません。会場に必要な条件はただ1つ、それはインターネット環境があること。動画を配信するので光回線など速度の速いものが望ましいですが、この環境さえ整備してしまえばどこでもウェビナーの開催が可能になります。

またウェビナーでは、「大きな会場を予約したのに参加者の人数が少なく、無駄なコストがかかってしまった…」ということもありません。オンラインセミナーであるために、少数の受講者でも気兼ねなく配信できます。このように会場手配の手間を省くことができると、時間にもコストにも余裕が生まれます。

さて、ウェビナーのメリットを紹介してきましたが、デジタル化が進みウェブの可能性が広がり続けている現代は、ウェビナーが今後さらに主流になってくるでしょう。仕事をやりやすく、効率的にするために、皆さんもウェビナーを活用してみてください。