ウェビナーにおける音声トラブルの具体例と解消法

近年広まっているウェビナーは気軽にセミナーを利用できると人気ですが、専用回線を活用する訳ではないため、ネットワークの環境やウェビナーの使用環境などによっては、以下のような音声トラブルが生じる場合があります。

例えば、ウェビナーの音声が全く聞こえないケースです。その際の解消法は、基本中の基本ではありますが、マイクデバイスのジャックが適切に接続されているかを確認して下さい。接続したつもりでも、外れてしまっている可能性があります。

仮にマイクがきちんと接続されているとすれば、スピーカーがオフに設定されている可能性も。パソコンあるいはタブレットのミュートボタンをオンにしていないか、音量を小さくしてしまっていないかチェックしましょう。

使用している端末に加えて、ヘッドセットやウェビナー用ソフトの設定も同時に見直しておいた方が無難です。利用している途中で音声が聞こえなくなったとすれば、気付かないうちに操作ボタンを押していた可能性が否定できません。

また、ウェビナーの音声が途切れて聞きづらいケースもあります。その場合、使用中のネットワーク環境の帯域が適切でない場合があります。データを通信するスピードが遅いと、沢山のデータをやり取りすることができず、音声が途切れてしまうのです。

数多くの社内スタッフが同じタイミングでインターネット回線を使用する場合に起こりやすいので、ウェビナーを利用する場合は事前に十分な帯域を準備することが必要です。

さらに、ウェビナーを進める中でエコーやハウリングが起きることもあります。このような現象が起きる原因は、マイクがスピーカーから発した音を拾ってしまうためです。

エコーやハウリングを解消するには、スピーカーの音量やマイクの感度を調整していきましょう。あるいは、外付けのマイクがあるなら、そちらを利用すれば解消される場合もあるので試してみて下さい。

そして、ウェビナー中にノイズが生じてしまった時は、最初にノイズが生じている拠点を探します。ノイズの発生拠点が特定できたら、ウェビナー利用中の端末の周囲に音が出る物が置かれていないか探しましょう。ウェビナー参加者ではなく、周囲の人がトラブルのもとになる物を置いているかもしれません。

トラブルの原因を見つけたら、それ以降はウェビナー用の端末の近くには置かないようにします。音が発生していなくても、風がマイクに当たることでノイズが起きることもありますので注意して下さい。

ちなみに、ウェビナーに音声トラブルが起きた時、まず確認しておきたいのは「聞こえなくなっているのがどちら側か」という点です。相手側の音声が届かないのか、自分側の音声が相手に届いていないのか、あるいは両方とも聞こえないのかによって対処法が変わってきます。相手から音声が届かない時は、相手にこちらの声が届いているかどうか、慌てずに確認してみましょう。

相手には届いているなら、こちらのスピーカーや音声設定などをチェックする必要があります。お互いに音声が届いていない時は、双方でトラブルシューティングを行わないといけません。相手の声が聞こえても自分の声が相手に聞こえていない場合は、基本的には相手側で原因を見つけて対処してもらうことが必要です。

 

音声トラブルを防ぐためにも事前にチェックをしておくこと

ウェビナーで発生する音声トラブルは、原因や解消法を知っておけば落ち着いて対処することができます。

しかし、実際に音声トラブルに遭遇すると慌ててしまいがちなので、今回紹介したようなトラブルを防ぐためにもウェビナーを開催する前に一通りチェックしておくと良いでしょう。