ウェビナー参加のメリット

ウェビナーとは、ウェブ上で行われるセミナーのことです。

ウェビナーを開催することは、講師や主催者にとって、会場を準備する手間や人件費、交通費などといった面でコスト削減をすることができるのでうれしいシステムとなっています。このように主催者側のメリットが大きいですが、もちろん受講する参加者にとっても大きなメリットのあるシステムです。

まず、受講する参加者もウェブ上でセミナーを聞くことになるので、会場まで行く手間は省くことができます。合わせて、交通費を払う必要もなく数多くのセミナーを受講することができるメリットは大きいです。

また、ウェビナーは、リアルタイムのものもありますが、録音・録画して後々繰り返し受講することができるものもあります。この録画したタイプのウェビナーを受講すれば、場所だけでなく時間に縛られることもなくセミナーに参加することができるという点もメリットです。

さらに、ウェビナーでは、ウェブ上で開催されているので、インターネット技術を活用した多くの利点を受けることができます。資料も簡単に見ることができ、わかりやすさというメリットも大きいでしょう。

このほか、ウェビナー終了後には、チャットやマイクを使用して講師に質問をすることも可能です。実際のセミナーでは時間的な制約や気持ちの上での問題で、質問することが難しくとも、ウェビナーでは簡単にすることができます。

もちろん、ウェビナーにも実際のセミナーに比べてデメリットはあります。実際に集まって行うことがないので、名刺交換などはできず、人脈を広げるためにセミナーに参加したい場合には不利になるでしょう。しかし、学習型のセミナーや商品説明などといった点では大きなメリットがあります。

 

ウェビナー受講に必要な準備とマナー

ウェビナーを受講することは、実際のセミナーに参加することに比べてメリットが大きいですが、はじめて受講するとなるとどのような準備が必要となるかが不安になります。また、セミナーを受講するうえでのマナーなども気にしなければなりません。

ウェビナーを開催するのではなく、受講する参加者の場合、必要となる準備はそれほど多くありません。ウェブを利用できる環境を整えることがまず第一です。そのうえで、その媒体の音量や音質、画質などを調整して動画を見やすいように設定することが必要な準備といえるでしょう。

せっかくのウェビナーを快適に受講するためには、この準備をあらかじめしておくことが重要です。セミナーが始まってから音が聞きづらい、見づらいなどといった事態になり、調整していては内容を見逃してしまいます。

開催者の利用するウェビナーのシステムによって異なりますが、ウェビナーに参加するためには、専用システムに登録する必要性もあるので、その準備も必要でしょう。

また、ウェビナーにもいくつかのマナーがあるのでそれを守ることが重要です。

受講後に質問タイムが設けらえることがあります。チャットや実際の音声でもって質問ができるシステムもあるのですが、これらを活用する際には、ほかの質問者や講師の回答を遮るなどといったことがないようにすることがマナーです。

また、質問内容も、受講者の顔が講師やほかの参加者にわからないからといって、失礼なものにならないように注意が必要となります。このほか、どこでもいつでも参加できるものではありますが、周囲の人の迷惑にならないように視聴することもマナーです。

 

ウェビナー受講に必要な機材

ウェビナーを受講するために必要となる機材は多くありません。

最も重要となる機材が、ウェビナーを視聴するための媒体です。インターネットが接続している媒体であれば問題ないので、パソコンやタブレット、あるいはスマートフォンを用意しておけば問題ないでしょう。

受講後にチャットなどで質問ができるようになっている場合は、キーボードが備え付けらえているものを選ぶことがおすすめされます。音声通話ができる場合は、マイクなどを用意してみてもよいかもしれません。より鮮明に音を聞き出したい場合にはスピーカーの活用も考えらえます。

また、ウェビナーを自宅や会社などといった特定の場所で受講するのではないならば、周囲の人々に配慮してイヤホンなどを用意することも検討すべきでしょう。