従来のセミナーからウェビナーへ移行するメリット

ウェビナーに従来のセミナーから移行すると様々なメリットがあります。

ウェビナーは全てウェブ上で行えるセミナーになっているため、会場手配をする必要がないのがメリットです。

従来のセミナーを行うために会場の予約をするときには参加人数を把握しなければならず、どの程度の参加者がいるかを想定して開催場所や会場の広さを考えなければなりません。
しかし、ウェビナーの場合には基本的には人数制限がないので数人しか参加しなくても、数百人規模で参加者がいても同じように準備を進められます。

また、ウェビナーはリアルタイムで配信することもできますが、その内容を録画・録音しておくことで再配信することも可能です。
会場に行くのが遠いという人でもインターネットにアクセスできるだけでどこでも受講できる特徴もあります。
そのため、従来のセミナーに比べて受講者側に自由度があるのがメリットです。

運営者側には参加者情報の収集と管理ができるメリットもあり、氏名や所属に加えてメールアドレスも取得できます。

一斉にリマインドする機能のあるウェビナーのシステムもあるため、社員研修などに用いるときにも便利でしょう。

 

従来のセミナーのデメリットを解消できるウェビナー

従来のセミナーのデメリットを解消する手段にもなるのがウェビナーの特長です。

参加人数の予測が難しくて開催するのに不安を感じてしまうこともあります。
講演者と会場を手配したにもかかわらず参加者がいないと費用を工面できなくなるリスクがあります。
しかし、ウェビナーであれば会場費がかかりません。

また、講演者が遠路遥々会場に来る必要がなくなるため、遠方にいる人にも講演を依頼しやすくなります。
講演者の都合が急遽合わなくなると困ってしまうのもセミナーのデメリットですが、ウェビナーの場合には時間的拘束が少ないのでキャンセルのリスクが低く、いざというときにも講演を予め録画して配信するという形で対応できるでしょう。

一方、セミナーの際には講演者の略歴などの資料を配布するのが一般的ですが、参加者数が多いと用意に手間も費用もかかり、参加人数が予測できないと廃棄することになって無駄が多くなってしまいがちです。

ウェビナーの場合にはウェビナーツールで資料を共有できるので、資料を印刷して配布する必要はありません。
どんな参加人数だったとしても一切の苦労がなくなるでしょう。

また、セミナーの実施には必要数のスタッフを確保し、準備と運営、片付けもしなければなりません。
これは規模が大きいほど大変になり、スタッフの数も会場に合わせてかなりの数を探さなければならないこともあります。
アルバイトを雇わなければならないとなると人材募集から行う必要が生じるため、多大な労力がかかることは否めません。

しかし、ウェビナーならウェブ上で全て行えるのでスタッフは実質的に不要です。
準備も資料をアップロードするなどの簡単な作業だけであり、片づけは基本的に不要なので気軽に実施できます。

 

躊躇せずにまずはウェビナーにトライしよう

従来のセミナーをずっと行ってきたという場合にはウェビナーに足を踏み出すのに躊躇してしまうこともあります。
全体の流れがわからない影響もあって初めてトライするときには誰もが不安を抱くものです。

これだけ多くのメリットがあるので、まずは思い切ってウェビナーを開催してみましょう。

一度実施してみるとウェビナーを開催する段取りがわかり、必要な手続きも一通り把握できます。
その経験を通して気軽に実施できるものだとわかると、様々な場面でウェビナーを活用できるようになるでしょう。