ウェビナーでよくある失敗例

ウェビナーを成功させるのは非常に難しいと言われています。ウェビナーで失敗する人は、一方的なプレゼンテーションになりがちです。

参加者がどう感じているか汲み取ろうとせず、一方的に話を進めてしまうと、当然ながら理解をもらうことができません。見込み顧客になり得る参加者を集めても、商品の魅力を伝えるだけではチャンスを逃してしまいます。

練習不足もウェビナーでやりがちな失敗の1つです。「ウェビナーなんて簡単」と考えていたり、ウェビナーのシステムに依存していると、失敗しやすくなります。

万が一システムが正常に作動しなくなった場合、その場の対応に苦慮することになり、マイナスイメージになってしまいます。参加者の前で言葉につまったり、テクニカルな問題で失敗するのは最悪なシナリオです。

ウェビナーを成功させるには、事前にきちんとリハーサルしておく必要があります。

 

ウェビナーを成功させるコツ

ウェビナーで失敗しないためには、事前にコンテンツとシステムのリハーサルをしておく必要があります。自信がないと参加者にも伝わってしまうので、台本を練習するだけではなく、内容をしっかり身に着けましょう。

台本を読むだけだと、ハプニングが発生した時にどう対処すべきか焦ってしまうので、台本を覚えるより内容を身につけたほうが柔軟に対応できます。

ウェビナー開催日が近づいてきたら、発表者全員で通しのリハーサルを行いましょう。発表者同士のコミュニケーション不足や技術的なトラブルを防ぐためにも、予行練習は必要不可欠です。

発表者がだらだらと話したり内容が面白くないと、参加者が眠気に襲われたり退屈させ、信用を失うことにつながってしまいます。

ウェビナーを成功させるには、参加者とコミュニケーションを積極的にとることが大事です。スライドの内容を読み上げるだけではなく、ソーシャルメディアと連動して参加者とコミュニケーションをとり、投票や質疑応答をしましょう。

商品の売り込みセミナーになってしまうと、参加者に「騙された」と思われてしまいます。参加者に不信感を抱かせないためには、一方的なプレゼンテーションで終わらせるのではなく、参加者と刺激的な会話をすることが大事です。

そのためには、事前に参加者のニーズを知っておく必要があります。参加者のニーズに対して価値のある解決策を提供できれば、効果的なウェビナーとなり、「参加してよかった」と思ってもらうことができます。

商品情報はすでにウェブサイトなどに掲載されているので、ウェビナーではプラスアルファが求められます。信頼のおけるアドバイザーとして、本当にその商品を買うべきかどうか、専門知識によって参加者を次のステップへ導く必要があります。

 

ウェビナーの成功例

ウェビナーを成功させている人は、参加者に「私にもできるかも」と思ってもらうために、自分自身の成功ストーリーを伝えています。

自分の抱えていた問題や解決のために行ったこと、解決した後に何が起こったのかなど、順序立ててストーリーを入れることで、参加者から共感をもらっているのです。

最後まで視聴してくれた参加者のために、特典を用意していることもあります。特典をもらうメリットを最初に伝えておけば、参加者のモチベーションもアップし、最後まで見てもらえる確率が高くなります。

視聴者限定の特別価格や購入特典をつけるのも効果的です。ウェビナーを視聴してくれた人限定の価格を用意しておき、今すぐ購入すべき理由を伝えると効果的です。

なぜその割引価格になったのか、正当な理由をつけることによって、提示価格をより安く感じてもらうことができます。価格を安くしただけでは不安がる参加者もいるので、最後に保証をつけることが大事です。

保証をつけることは、参加者の不安を取り除く上で効果的です。期間延長や返金保証などをつけることによって、申し込む際の不安を払拭でき、断る理由をなくすことができます。