従来までの仕組みとWebRTCとの比較!違いは何か?

WebRTCはAPIの規格の一つで、P2P通信によってブラウザ同士のリアルタイムコミュニケーションを可能にする仕組みです。

プラグインをWebブラウザに追加せずに、ブラウザ上でのリアルタイムコミュニケーションを実現できる点が特徴です。正確に言えば「Web Real-Time Communications」、略してWebRTCと呼ばれています。

WebRTCは技術者はもちろん、一般のユーザーにも多大な影響を及ぼすフレームワークとして現在関心が集まっています。

今までの仕組みと比較して何が画期的かと言えば、一般的なユーザーがリアルタイムのコミュニケーションツールを作成することを可能にしたという点です。

これまでは、コミュニケーションアプリを開発するには高い技術と知識が必須で、開発には莫大な資金が必要でした。

しかし、このWebRTCが登場したことで開発のハードルが著しく下がり、リアルタイムのコミュニケ―ションツールを誰もが作れるようになったという訳です。

また、従来型のシステムでは、通常はブラウザとサーバーとの間で通信を行い、カメラおよびマイクの使用はできませんでした。

一方、WebRTCではサーバーの中継が不要になるだけでなく、カメラとマイクの利用も可能になります。さらに、ストリーミングデータを送受信することも可能です。

Webブラウザだけを利用してWebRTCが実現できるのは、大きく分けて次のような機能です。

一つ目は、先程触れたように端末上で使用するカメラあるいはマイクからストリームデータを取り込むこと。

二つ目はストリームデータをP2P通信すること、そしてバイナリデータおよびバイナリデータおよびテキストデータのP2P通信も実現します。

WebRTCには、リアルタイムのコミュニケーションアプリを開発できるビルディングブロックが含まれ、JavaScript APIを仲介してアクセスができます。

また、P2P通信を活用した端末同士の相互接続が可能になるので、P2Pでのビデオチャットもファイルの共有もWebブラウザのみで実現できる点が魅力です。

そもそもインターネットがこれほど普及した一つの理由として、HTMLやHTTP、TCP/IPなど中核を担う技術がオープンに実装できた点が挙げられます。

マルチメディアストリームを使用する機会が増加した今、ビデオチャット形式の次世代アプリを開発する現場でもこれと同様のことが当てはまります。

通信関連サービスの開発者にとって、コミュニケーション機能におけるAPI化は、アプリの開発を容易にするために必要なもの。それを実現する標準的なフリーパッケージとして提案されたのがWebRTCです。

WebRTCが広く普及することによって、キャリアもしくはベンダなどに縛られることなく、Webブラウザだけを使って世界中のユーザーと自由なコミュニケーションを実現できます。

 

まとめ

WebRTCに備わっている機能を活用することで、Webサイト上でのビデオおよび音声チャットが実現し、ファイルの自由なやり取りが可能になります。

既にWebRTCは会議システムやコールセンター、教育システムなど色々なサービスにおいて使用され始めています。

現段階ではWebRTCはまだ認知度が高いとは言えませんが、環境は徐々に整ってきています。

WebRTCと固定電話とを繋ぐシステムも登場していることから、今後も時代に即した技術としてWeb上での通話ソリューションもますます充実してくるでしょう。