注目を集めるオンライン面接!理由は大きなメリット

面接といえば、人事担当者と直接に会って行うものという認識を持つ人も多いのではないでしょうか。しかしながら、最近ではオンラインで面接を行うという企業が増えています。

オンライン面接が増えている背景には、ネットワーク環境の発展ということが最大の理由として挙げられることになるでしょう。自宅のパソコンはもとより、スマホやタブレットがあれば、誰でも可能です。

日本国内でも2010年頃からオンライン面接が増えているという実態があります。「ネットワーク環境の発展」をもう少し具体的に見た場合、SkypeやFacetimeの定着ということがいえます。

多くのオフィスでインターネット会議が増えたのも、SkypeやFacetimeが普及したことによるところが大きいといえるかもしれません。

また、グローバル社会の台頭に伴い、人材を広範囲にわたって求めていかなければならないという点も理由として挙げられます。優秀な人材を獲得するためには、雇い入れる企業の努力が必要となるのも事実です。

そのような点を考えれば、世界中のどこでも容易につながることができる、オンライン面接への期待感が増すことも理解できます。

応募者にとっても、オンライン面接によるメリットは大きいといえるでしょう。

まず、真っ先にいえるのは、面接が行われる会場に行くための交通費や時間を省くことができるということです。電車に乗るための運賃やバス代などがかからないというのは、何よりも大きいといえるかもしれません。

オンライン面接であれば、自宅で空いた時間を使ってできるという利点があります。現職で忙しいビジネスマンにとっては、願ってもない方法といえます。

オンライン面接を導入したことで、優秀な人材を確保することができたという喜びの声も多くあがっています。

会って行う従来の面接とは異なり、遠隔地や海外で活躍する人にもアプローチができるというメリットも見逃すことはできません。

地方創生や地方活性化に向けての取り組みという意味でもオンライン面接は有効です。

地方に本社機能を持つ企業が首都圏から人材を獲得した場合、「Iターン」や「Uターン」として国からの助成金の対象になります。そういう意味では、国策にもかなっているといえるのかもしれません。

 

ミスコミュニケーションや通信障害というデメリットも

何かとメリットばかりが目立つオンライン面接ですが、リスクやデメリットがあるという点も念頭に置く必要があります。

デメリットとして挙げられるのが、ミスコミュニケーションです。ミスコミュニケーションについては、非対面による面接における最も注意しなければならない点といえるのではないでしょうか。

一方的にどちらかが話してしまうということが起こってしまいます。実際に会って行う面接のケースでは、このような事態に陥ることはありません。

ミスコミュニケーションを防ぐ方法として、予め面接に使う資料などを手元に用意しておくことなどが有効です。それだけでも、不具合はだいぶ回避できることになります。

また、通信機器の故障により発生する障害やトラブルもオンライン面接を実施する上でのリスクです。ネットワーク環境が飛躍的に発展を遂げた現代でも通信障害を完全になくすことはできません。

このようなトラブルを回避するためには、日頃から通信機器の点検をするなどの対策を講じることが必要です。

 

まとめ

ネットワークサービスの台頭に伴い、多くの企業が導入するようになったのがオンライン面接。

遠隔地や海外の優秀な人材を確保できたり、経費や時間が削減できたりなどのメリットが大きい反面、通信障害などのデメリットがあることも事実です。

導入によるリスクに最大限の配慮をしながらも、積極的に導入することが求められています。