代理店説明会をWeb上で行う企業が増加!その理由とは?

代理店説明会をWeb上で行う企業が増加しています。何故なら、Webで一括して行えば、効率的に説明会が開けるからです。

代理店が多い企業では、各店舗が一度に集まることは難しいでしょう。それぞれの予定があり、遠方の場合は出張などにしなければなりません。説明会の会場確保をすることもあります。

説明会をする担当者や講師が各店舗に出向く時でも、遠方の場合は不便なのです。通常の説明会では、各代理店の人達が直接話し合えます。

しかし、時間や費用の都合を考えると、効率的とは言えないでしょう。

Web上での説明会にすれば、各店舗が日時を合わせて参加できるだけでなく、費用削減にも効果があります。

一方的にWebでの説明を聞くのではなく、双方向での意見交換や助言も可能です。

Webで行う代理店説明会では、オンラインセミナーに利用するツールを使えば、簡単にできるでしょう。これから、そのご案内をします

 

Web上で説明会をする方法とは?

代理店説明会をWeb上でするためには、それぞれの店舗にパソコンを用意し、説明会に参加できる環境を整えます。

パソコン上にインストールするソフトもありますが、インストールレスのソフトもあるので利用してみるといいでしょう。

説明会の開催者が利用するためには、まずソフトの納品をします。見積書を作り、希望に合えば契約してサービスを開始していくのです。

代理店は、説明会のお知らせメールを受信すれば、簡単に参加できます。お知らせメール内のURLをクリックすれば見られるような仕組みになっているのです。

配信方法として、ライブ配信とオンデマンド配信に分かれます。

Web上の説明会では、ライブ配信にして意見交換などをする機会があるといいかもしれません。しかし、オンデマンド配信にして、好きな時間に見られるような工夫をするのも一つの手段です。

また、ライブ配信の様子を録画・録音できる機能を使えば、参加できなかった代理店も同じ内容が見られるでしょう。

このようにしてオンラインセミナーツールを使えば、効率的に代理店説明会が開催できるのです。

 

オンラインセミナーツールの一例をご紹介!

フレッシュボイスウェビナーはこちら>>>

代理店説明会をWeb上で行える一例として「フレッシュボイスウェビナー」があります。

「フレッシュボイスウェビナー」の特徴は、広域からのリードを獲得できることです。遠く離れた地域からも見られるので、代理店同士が遠くても一緒に参加できます。

WebRTCの圧縮機能を使えば最大200人に同時配信できるため、責任者だけでなく従業員が見ることもできるでしょう。また、ディスカッションモードでの会話が可能です。

挙手機能があるので、意見交換や助言ができる環境になっています。挙手機能を使えば、代理店ごとの発表などにも活用できるのです。

ボタンを押すだけで、録画や録音ができるので説明会の様子を残すこともできるでしょう。

録画した内容は、参加できなかった代理店に見せられるだけでなく、内容を分析して今後の説明会にも活かせるのです。

資料共有も可能なので、説明したい内容をまとめた資料が1つあれば共有できます。あらかじめ、直接資料を配布しなくてもいいので手間が省けるでしょう。

 

まとめ

各代理店の説明会をまとめて行うためには、Web上で行うのが効率的でしょう。オンラインセミナーツールを使えば、簡単にWeb上で説明会を開けるのです。

録画・録音機能や双方向で会話できる機能を使えば、説明会の内容を充実させることもできます。オンラインセミナーツールを活用し、代理店説明会を効率的なものにするといいでしょう。