ウェビナーサービスって何?

ウェビナーサービスとは、ウェビナーを行う際に必要な配信システムを指します。
インターネットの環境があれば、開催者、受講者の双方がどこにいても開催が可能であることがウェビナーのメリットの一つですが、ウェビナーサービスがないと配信を行うことができません。
今回は、おすすめするウェビナーサービスを5つ紹介しますので、参考にしてみて下さい。

 

FreshVoice Webinar

FreshVoice Webinarはこちら>>>

エイネット株式会社のFreshVoice Webinarは、最新技術のWebRTCを使った自社開発のツールです。
インストールが不要で最大200人の同時配信や参加者全員でのチャットが可能です。また、資料共有機能があり、動画による双方向のコミュニケーションができることを特徴としています。
多くの拠点をつないでのウェビナーや通信状態が悪い場合でも、画像や音声の途切れを減らす努力がされています。ホームページでは無料トライアルが用意されているので、試しにツールを体験することができます。

 

V-CUBEセミナー

株式会社ブイキューブのV-CUBEセミナーの特徴は、インターネット環境があれば世界中のどこからでも利用が可能で日本語を初めとする5カ国語に対応していることです。
セミナールームが5つあり、それぞれが最大2,000拠点に配信が可能です。
24時間365日体制でサポートを受け付けており、初心者でもウェビナーの準備から、当日の本番、終わった後のフォローまでを行ってもらうこともできます。
また、ウェビナーのスタイルによってカスタマイズが可能なので、その都度ウェビナーに合わせた設定で使用することができます。

 

コクリポウェビナー

コクリポウェビナーは株式会社コクリポが運営している低料金を特徴としたツールです。
最低1時間250円からの設定料金となっており、他の会社では見られない低価格で充実した機能と品質を提供しています。年払いをすることにより、月払いの支払額よりも約2ヶ月分が得になります。3人までの同時接続で月に最大40分までなら無料での使用も可能です。
このツールは専用ソフトウェアをインストールする必要がなく、参加者はアカウントの登録の必要もありません。また、一番上のプランであれば最大300人が同時接続することが可能です。

 

ネクプロ

株式会社ネクプロが運営しているツールネクプロは、シンプルで操作しやすい画面が特徴とされています。
パソコンやスマホ、タブレットなど、どんなデバイスでもウェビナーに参加することが可能です。初心者でもウェブカメラがあれば気軽に始めることが可能で、事前の企画や集客、当日の運営をサポートしてもらうこともできます。
受講者の状況やアンケートの結果などを分析や集計することができ、これは多くの情報を収集するのに役立ちます。
また、希望であれば専用スタジオの手配やプロの司会者も派遣してもらうことが可能で、きめ細やかなサポートも特徴の1つです。

 

GigaCast

GigaCastは、ロゴスウェア株式会社が運営している高性能を特徴としているツールです。
映像や資料を高画質で配信することが可能で、招待セミナー、申込セミナー、オープンセミナーの3つのタイプのセミナーを開催できます。
それぞれのタイプに見合ったメール配信機能があり、出欠確認や受講者の状況、アンケート結果など様々な情報を得られます。
料金設定はプリペイド制や月額制など5パターン用意されており、使う時間やセミナーの規模によって選ぶことが可能です。

 

自社に見合ったウェビナーサービスを見つけ出そう

ウェビナーサービスはそれぞれの会社の製品によって特徴が様々です。ウェビナーの集客人数や開催目的、配信形式や予算等に合わせて、それぞれのサービスを比較し、自社に見合ったものを選ぶことが重要です。
製品によっては、無料のお試しツールやキャンペーンを行っている場合もあるので、積極的に活用して体験してみることをおすすめします。それぞれのスタイルに適したウェビナーサービスで、生産性を上げ会社をより活性化させていきましょう。