よく耳にするウェビナーサービスとは

ウェビナーとは、ウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を組み合わせた造語です。これは動画サービスを活用して、インターネット上でセミナーを開催するサービスです。オンラインセミナー・Webセミナーと呼ばれることもあります。

ウェビナーサービスの特徴は、数十人から数百人規模の参加者と開催者が2方向で対話しながらセミナーを進められることです。現在では専門的な内容をテーマにした講義・会社説明会・商品説明会などで、ウェビナーサービスが活用されています。

ウェビナー参加者からすれば、いつどこにいてもセミナーに参加できるといったメリットがあります。また開催者側から見れば集客しやすいだけでなく、会場費や交通費の負担がないのでコスト削減につながります。

 

Fresh Voice(フレッシュボイス)の紹介

フレッシュボイスウェビナーはこちら>>>

・インストールなしで動く
・安定した通信環境
・最大200人同時配信

Fresh Voice(フレッシュボイス)が提供するウェビナーサービスは、招待URLをクリックするだけで稼働できます。わざわざツールをインストールしなくても良いので、とても使いやすいです。
せっかくのセミナーも通信が途切れ途切れになってしまうと台無しですが、脆弱な通信環境でも切断しにくくなっており、ストレスなくセミナーに参加できます。最大で200人が同時に通信できるので、規模の大きなセミナーにも対応可能です。

 

V-CUBE(ブイキューブ)セミナーの紹介

・MAX10,000拠点に配信
・世界中で利用可能
・誰でもすぐに使える

V-CUBE(ブイキューブ)セミナーでは、全世界のMAX10,000台のパソコンに対して配信できるシステムを採用しています。世界中のインターネット接続可能なパソコンから利用でき、英語や中国語などにも対応できます。
ソフトのインストール作業はなく、手間がかかるネットワーク設定も不要です。クラウドシステムを活用しているので、システムにログインすれば誰でもすぐにウェビナーが利用可能です。

 

Giga Cast(ギガキャスト)の紹介


・モバイル端末からでも参加可能
・料金プランが選べる
・十分な実績

Giga Cast(ギガキャスト)の場合、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器にも対応しており、そこからセミナーに参加できます。また様々な料金プランを提供していて、利用者も目的に合わせて選べます。
使った分だけ支払うプリベイド制では、開催頻度によって予算配分が可能です。Giga Castが開発したウェビナーサービスは、大手の人材派遣会社など多くの企業で導入されています。

 

Cocripo(コクリポ)ウェビナーの紹介

・強固な接続環境
・動画録画可能
・きめ細やかなサポート

Cocripo(コクリポ)では回線の切断のリスクを回避するために、配信映像サイズの調整などを自動制御しています。仮に切断しても自動再接続する仕組みです。
ウェビナーを配信している間はいつでも録画でき、動画ファイルは二次利用可能です。また問い合わせに対するレンスポンスは早く、迅速に対応してくれるので安心です。

 

ネクプロの紹介

・シンプルな画面と簡単な操作
・充実した分析機能
・便利な会員管理機能

ネクプロのウェビナーサービスは、ブラウザのみだからシンプルな画面で操作が簡単です。ソフトのインストールも不要なので、初心者でも問題なく使えます。
セミナー申込者の受講状況の把握・アンケート回答の集計などをすぐに行い、その結果をもとに分析を行ってくれます。更に会員リストの管理機能があるので、次回以降の案内が簡単に行えます。

 

最後に

様々なウェビナーサービスがありますが、それぞれに特徴や違いがあるため、利用する目的によって適切なサービスを選ぶことをおすすめします。導入が容易でコストがかからないメリットを上手に活用して、充実したセミナーを開催してみましょう。