Webセミナーを開催するために配信サービスへ登録しよう!

まずはWebセミナーを開催するために、自分に合ったWebセミナー配信サービスを探し登録しましょう。Webセミナー配信サービスは有料のものだけではなく無料のものもあります。「YoutubeLive」などが無料の配信サービスとして有名です。

「Webセミナー」だけを検索すると、Webセミナーの解説や視聴サービスが出てきます。Webセミナー配信サービスを探したいのならば、「Webセミナー開催」や「ウェビナー配信」などで検索すると探しやすいです。「ウェビナー」とは「Web」と「セミナー」を組み合わせた言葉です。

Webセミナー配信サービスは現時点でも複数ありますが、これからもどんどん増えていく可能性が高いです。1つのサービスを利用し続けるより、使いやすく自分にあったサービスを定期的に探してみるとよいでしょう。

 

Webセミナーを開催するために必用な道具を揃えよう!

Webセミナーを配信するためには「パソコン」「カメラ」「マイク」の3つの道具を用意しなければなりません。「パソコン」は日ごろ使用しているものを利用するとよいでしょう。しかしあまりに低スペックのものや不具合が生じているものだと、配信途中で固まってしまう可能性もあります。

近年は「カメラ」や「マイク」が一体となったパソコンも数多くありますが、こだわりがなければパソコン付属の「カメラ」と「マイク」を利用しても問題ありません。ただし低品質の道具を使ってしまうと、映像が荒かったり音声が割れたりしてしまうおそれがあります。配信側には問題がなくとも、受講者へは小さなストレスがかかります。

発声に自信がない方や、視覚的なパフォーマンスをセミナーで実施したい方などは、高品質のカメラやマイクを利用したほうがよいです。どんなカメラやマイクを準備したらよいか分からない方は、Webセミナー配信サービスで有料でレンタルすることもできます。

 

人を集めるWebセミナーを開催するための配信サービスの選び方1

Webセミナー配信サービスの配信方法は、「ライブ配信」と「オンデマンド配信」の2つの種類に分かれます。無料や低価格の配信サービスでは、2種類のうち1種類しか選べないことが多いです。

「ライブ配信」は配信と同時刻に受講者が視聴する方法です。配信サービスによっては受講者と開催者との質疑応答もでき、リアルタイムという臨場感も活かせば、会場で実施するセミナーにも劣らない一体感を作り上げることができます。難点は受講者側で視聴するための日程調整が必用なことと、映像編集が行いづらいため、受講者定着のためにはセミナー講師としての高いスキルが必用な点です。

「オンデマンド配信」はあらかじめセミナーを録画し配信する方法です。ライブ配信とは違い受講者が見たいタイミングで視聴することができます。ただしライブ配信の臨場感がないぶん、視聴者の心をつかみづらいです。その代わり映像編集する時間があるため、こだわりを加えた独自のセミナーを開催することができます。

 

人を集めるWebセミナーを開催するための配信サービスの選び方2

Webセミナー配信サービスは「料金」「品質」「オプション」の3つで選びましょう。お手頃なサービスも数多くありますが、安いぶん低品質だったり、オプションサービスが少なかったりします。いかに受講者がストレスなく視聴できるかが、受講者定着のためのポイントです。

「品質」でこだわるべき点は、音声や映像のクリアさ、視聴できる媒体の種類の多さ、そして視聴のしやすさです。受講者定着のためにはセミナーの内容も大切ですが、Webセミナーの場合声の聴きやすさも関わってきます。直接会話すれば聞きやすい声も、マイクやスピーカーなどの機器を通したら聞き取りづらくなることがあります。

またパソコンだけで映像をみる時代は古く、近年はスマホやタブレットによる視聴が主流です。スマホやタブレットの視聴のしやすさも重視しましょう。

「オプション」サービスも受講者定着のためには重要です。特に受講前と受講後の「アンケート」機能、そして配信中の「質疑応答」機能、さらには映像の他に「スライド表示」ができる機能など、オプションサービスを活用すればセミナー内容を大きく変えることができます。