無料動画の王道Youtube

無料動画サイトとして知られているYoutubeでwebセミナーを開催することができます。

特にYoutubeLiveであれば、ライブ放送が配信できることは強みでしょう。ライブ放送を安定して配信できるのもYoutubeLiveの特徴です。無料でできるクオリティとしてはかなり高レベルな配信ができます。

webセミナーを生で見たいという人のためにライブ配信して、録画でもいいという人のために動画を配信することもできるのです。動画は簡単にアップできるので、配信に慣れていない人には有益なツールです。

また、動画はYoutube動画としてYoutubeに保存されますので、ファイルを取っておく必要がありません。動画が必要になったらファイルをダウンロードすればいいだけです。

webセミナーのライブ放送で気になる点としては、若干配信が遅れます。演者が話したことが画面から出てくると音として数秒後に出てきます。品質は向上していますので、少しだけ気になる程度です。

もう一つ気になるのは巻き戻しができる点です。webセミナーをライブで配信するのであれば、時間軸に沿って見てもらえるとライブ感が失われません。しかし、巻き戻してみることができてしまうと、ライブ感は少し失われる可能性があるのです。ユーザーの使いやすさを重視していると考えましょう。

 

ニコニコ動画

無料のwebセミナーツールとして、ニコニコ動画は使えるツールです。

パソコンをメインとして配信しているのが特徴です。コメントなどを書き込めるため、双方向のコミュニケーションを取れるのもいい点でしょう。

また、ニコニコ生放送として、ライブ配信もできます。ライブ配信では書き込まれるコメントを見ながら、webセミナーを行えます。分からない点などをリアルタイムで質問できる点などはニコニコ動画の強みです。

ただし、ビジネスとして利用している人は多くないため、ビジネスには向かない可能性はあります。ニコニコはスマホへの対応が若干遅れているので、スマホをメインにwebセミナーを開催したい人は使う前に確認する必要があるでしょう。

 

ツイキャス

webセミナーを若い層向けに展開した場合、ツイキャスは有効なツールです。

ユーザーは細かくカテゴライズされていますので、そのカテゴリーに合うwebセミナーだと、視聴者を伸ばせる可能性があります。ライブ配信を行うこともできます。ただし、趣味で使っている人が多いためビジネス向きの媒体ではありません。

 

LINELive

LINELiveはLINEが提供する動画配信サイトです。webセミナーを行うツールとして活用することができます。

ツイッターと連携しているためシェアを拡大しているのです。LINELiveを使ったwebセミナーでは視聴者はLINE利用者がメインになります。

 

Facebook Live

Facebookが提供する動画配信サイトです。無料でライブ配信ができるため、webセミナーツールとして利用できます。

Facebookを活用しているため、誰が見ているかが分かるのが特徴です。Facebook内でコメントを書くことができるので、拡散されやすいという特徴もあります。ビジネスで活用されているFacebookが提供しているため、ビジネスに応用できる可能性が高いです。

 

まとめ

無料で使えるwebセミナーツールを5つ選んでみました。

Youtubeは動画の配信がしやすいのが特徴です。ニコニコ動画は双方向のコミュニケ―ションがとりやすく、ツイキャスは若者に強いです。

LINELiveはLINEの利用者を取り込みやすく、Facebook LiveはFacebookと連動しています。