webセミナーの導入は簡単・手軽

webセミナーとは言葉の通り、web上で行うセミナーのことで、オンラインセミナーやウェビナーとも呼ばれています。

「聞きなれない言葉なので難しそう」と感じる方もいらっしゃると思いますが、それほど心配することはありません。現在では多くのwebセミナー専用のアプリやオンラインサービスがありますので、それらを使うことですぐにwebセミナーを始めることができます。

実際に運用する際には後で触れるように様々な活用方法があるので、それぞれのソフトやサービスの機能を比較してみるとよいでしょう。

 

WEBセミナーにはどんなメリットがあるの?

そもそもwebセミナーを導入することにはいくつかのメリットがあります。

セミナーを開催する場合、一般的には会議場などの場所を押さえ、その他にも当日の準備(資料作りや印刷、スタッフの配置など)が必要になりますよね。

webセミナーでは、こういった煩雑な手続きを省き、セミナーの内容を充実させることに注力することができます。資料を印刷する手間も省けるので、人件費と諸経費の節約にもつながります。

一方で参加者の立場から見ても、いちいち会場まで足を運ぶ必要がなくなるので、セミナーへの参加が容易となり、結果として参加者の増加も見込めます。

また、webセミナーは生配信の形式と録画放送の二つの形式がありますから、企業のノウハウを伝えるためのオンラインサービスなど、新たなビジネスチャンスを開くこともできるのです。

極めつけは、webセミナーにすることで、場所を選ばすに多くの人をターゲットにすることが可能となります。地方在住者は勿論のこと、時差を考慮すれば海外との連携もできますので、セミナーの内容や対象もより多様化していくことができるでしょう。

 

WEBセミナーの多様な活用事例

webセミナーには多くの活用事例があります。

まず、セミナーによって顧客へのフォローアップサービスの実施が期待できます。商品やサービスを販売するうえで大切なことは、単に売り込むことだけでなく、より良いサービスの実現に向け顧客の声に耳を傾けることです。

webセミナーではチャットを活用することで視聴者のレスポンスを反映していくことが可能です。したがってクライアント向けのwebセミナーを定期的に実施し、その都度満足度や改善点をリサーチすることで、リピーターの獲得や新規開拓につなげることができます。

またwebセミナーとはクライアント向けに行うものだとは限りません。他の活用方法として、社内教育にも用いることができるでしょう。

特に大きな企業の場合、社員の多くが一堂に会するには大きな会場を抑えなければならず、その分費用もかさんでしまいます。それぞれの支社や事務所に任せることもできますが、それではセミナーの内容やレベルが一致するとは限りません。

しかしwebセミナーであれば、時間さえ指定してしまえばそれぞれの場所でセミナーを受講することができるので、移動や会場確保のためのコスト削減につながります。その他にも、webセミナーをオンデマンド形式にするという活用方法も考えられます。この方式のメリットは、一度行ったセミナーを何回も繰り返し用いることができる点にあります。

一般的にはセミナーは一度開催してしまえば終わりですので、関心があったのに日程が合わない、という潜在的顧客を逃すことになってしまいますが、webセミナーを導入することでこうした顧客の需要をとらえることができるのです。

このようにwebセミナーは利益拡大に直結するほどの、大きな効果を持っていると言えます。

 

まとめ

以上、webセミナーについて解説しました。場所を選ばす、また開催方式も多様なwebセミナーには、大きなビジネスチャンスがあることがお分かりになったでしょうか。

また、これまで手間やコストが大きいことからセミナー開催に二の足を踏んでいた方でも、webセミナーであれば手軽に始めることができるのではないでしょうか。

webセミナーをうまく活用することで、たくさんの利益を生み出していきましょう!