ウェビナーはセミナーの新しい形

ウェビナーはウェブとセミナーを組み合わせた新しい言葉です。一般的なセミナーとウェビナーの一番の違いは、聴衆が目の前にいるかどうかでしょう。

セミナーであれば、目の前の聴衆に向けて話しかけますが、ウェビナーではカメラに向けて話しかけます。カメラの向こう側に聴衆である視聴者がいるのです。

視聴者になればセミナー会場に居なくてもセミナーへ参加することができます。視聴者として不特定多数の人が参加できるのがウェビナーの強みででしょう。通常のセミナーであれば、集まった人だけが参加できるものです。

ウェビナーであれば動画を見た人が参加者となるので、あまりセミナーに参加しない層にも参加してもらいやすくなっています。また、場所が遠くてセミナーに参加できなかったという人も、インターネットにつながる環境さえあれば全国どこからでも参加できるのです。

交通費や時間をかけてセミナーに参加しなくても、ウェビナーなら自宅からでも参加できます。時間が合わなくて参加できなかったとしても、動画がサイト上に残っていればウェビナーに参加することは可能でしょう。

 

セミナーを全国に配信するウェビナーのやり方と動画配信サイトについて

ウェビナーのやり方としては動画配信サイトを利用するといいでしょう。セミナーを録画して、動画配信サイトで配信します。

方法としては録画した動画をYouTubeなどにアップロードするだけです。YouTubeであれば、録画をしながら配信することもできます。その場合、動画はYouTube上に保存されますので、必要に応じて動画をダウンロードするだけで元データを保存することもできるのです。

ウェビナーだからといって新しいことをするわけではなく、普段と同じようにセミナーを行います。そのセミナーを全国で見れるように配信するところが一般のセミナーとの違いです。

動画配信サイトにはYouTubeだけではなく、Ustream、Facebook Liveなどの様々なサイトがあります。それぞれに特徴があり、セミナーの方向性に合わせて動画配信サイトを選択するといいでしょう。

配信を無料で行えて、一般の人が見ることが多いのはYouTubeです。YouTubeを見ている年齢層は広いため、ターゲットを絞ったウェビナーよりも広告的な意味合いで使うといいかもしれません。

有料で会員制のセミナーを行いたいのであれば、Ustreamがいいでしょう。ビジネスに強いのがFacebookですので、Facebookと連携しているFacebook Liveならビジネスの広がりに期待が持てます。

 

ウェビナーならライブ配信と動画配信ができる

ウェビナーであれば、セミナーを全国にライブ配信することができます。ライブ映像を録画しながら、そのまま配信してしまうのです。普通のセミナーと同じで編集などができないので、緊張感をもってセミナーができるでしょう。

このようなライブは一回きりになりますが、ライブが終わった後に、録画した映像を配信することもできます。復習したい人やもう一度見たい人などはその動画を見ることなり、このような動画の配信をすることで、さらに参加者を増やすことができるのです。

人間心理として一つの動画がよければ、他の動画も見てしまいます。過去の動画を配信し続けることによって、視聴者を増やすことにもつながるのです。ウェビナーの動画が動画配信サイト上にあれば、何かのきっかけで多くの人の目につく可能性もあります。

ウェビナーではセミナーの魅力だけでも、人を集めるきっかけになることがあるのです。