ウェビナーに参加するために必要なもの

ウェビナーはインターネット上で配信されている映像を視聴するための環境があれば参加できます。

準備として整える必要があるのは動画の受信に耐えられる高速な通信環境とパソコンやスマートフォンなどの端末です。加えて、音声を聞くためのイヤホンやヘッドホンがあれば問題ありません。インタラクティブなタイプのウェビナーに参加するにはマイクとカメラも必要になります。

テレワークを導入するときには在宅で働く人にはこれだけの環境を整えてもらえば参加が可能です。ただし、ウェビナーを提供している企業によってはソフトウェアのインストールが必要になる場合があります。通常は提供企業のホームページからダウンロードしてインストールできるようになっているのでテレワークをしている人でも手に入れることは簡単です。

 

リアルタイム中継方式のウェビナーへの一般的な参加方法

ウェビナーの専門企業では一般的なセミナーと同様にして著名な講師による講演や特定のスキルや製品情報などに関するセミナーを配信していて、申し込みをすれば気軽に参加することが可能です。

配信方式にはリアルタイム中継方式のものと録画方式のものがあります。

リアルタイム中継方式の場合には事前申込みが必要になのが一般的です。ウェビナーの配信ページから参加したいものを選び、申込者の情報として氏名や会社名、連絡先などを入力することで申し込めます。これによって視聴ページのアドレスや視聴のためのパスワードが送られてくるので、開催時間になったら指定のページにアクセスして視聴するというのが基本です。この際にプラグインなどが必要になる場合がありますが、申し込み時点か視聴ページにアクセスするときに自動的にインストールされる仕組みになっているケースが多くなっています。

企業によっては個人や法人での登録が可能です。この場合には通常は申し込みの際には情報入力の代わりにIDとパスワードを入力するだけで良いという簡便な仕組みになっています。また、有料のウェビナーの場合には法人などで登録できると一括精算できるのが一般的です。個々に登録して受けさせるという場合には通常は本人が申し込みをするときに支払いを求められます。

 

録画方式のウェビナーに参加する方法

ウェビナーの専門企業が配信している録画方式のウェビナーに参加するときには二通りのパターンがあります。

一つはリアルタイム中継方式のものと同様に申し込みを行うことで視聴ページへのアドレスとパスワードを受け取れるようになっているものです。この場合には開催時間を待つ必要はなく、いつでも自由に視聴することができます。

もう一つは個人や法人での登録を前提にしているパターンです。登録によってアカウントが発行されるので、そのアカウントでログインした後は視聴したいウェビナーを選択するだけで参加できます。録画方式の場合にも法人で登録すると一括して精算できる場合が多いですが、無料で参加できる仕組みのものも増えているのが特徴です。

 

ウェビナーへの参加方法に困った人がいたときの対策

ウェビナーへの参加は提供している専門企業によって個々に異なり、中には複雑な手続きを必要とするものもあります。特に専門スキルを学べるウェビナーの場合にはソフトウェアのインストールだけでなく、その使い方についてもトラブルが生じがちです。

そのようなケースでは提供企業がサポート体制を整えていることが少なくありません。ユーザーが個々に問い合わせをしてサポートを受けられるようになっているので、テレワークをする人にはウェビナーの提供企業のサポートデスクに連絡を取るように指示すれば問題ありません。