Youtube Live

動画配信をするなら、有名なYoutubeは欠かせないでしょう。ウェビナーを録画配信することもでき、ライブ配信をすることも可能です。無料で使えるので、初心者にはおすすめかもしれません。

配信が安定しているため、動画が見れなくて困るということが少なくて済みます。手軽に使えて、使い勝手が良く、初心者から上級者まで使えるのはYoutubeだけでしょう。動画を録画するとそのままYoutube動画として保存されるので、動画をローカルに保存する必要もありません。

録画映像が必要になったら、Youtubeからダウンロードすることができます。ウェビナーを始めるときにはYoutubeで公開してから、別のアプリを使うということもできるのです。

Youtube Liveの使用は無料ですが、人気の動画になれば広告収入などが入る可能性があります。Youtubeは視聴者数が多いのが特徴ですので、動画を公開し続ければ人気ウェビナーになることもあるでしょう。人気が出れば集客に苦労することが無くなります。

名前を知ってもらうのと、動画を見てもらうことを目的にしているのであれば、Youtube Liveを使ってウェビナーを開くことは賢い選択かもしれません。ウェビナーを行う上でほとんどの人が苦労するのが集客なのです。いいコンテンツを作っても見てもらえなければ、意味がなくなってしまいます。集客をするためにYoutube Liveを使うと、人集めで苦労しなくなるかもしれません。

機能的な面でYoutube Liveにほとんど気になる点はないのですが、一点あげるとすればリアルタイム配信でも巻き戻しができるという点です。ライブ配信しているのですから、ライブ感を楽しんでもらいたいのです。巻き戻しができるとライブ感が伝わらない可能性があります。

 

Ustreme

有料のウェビナーアプリとしてはUstremeが有名です。

Ustremeの値段は視聴者数と時間で大きく変わりますが、ほとんどの場合最低金額に設定しておいても問題はないでしょう。ウェビナーにある程度人数が集まるようになったら、料金を変更すればいいのです。

Ustremeは動画配信サイトとしては古い方ですから、技術の蓄積がかなりあるでしょう。そのため高画質で動画を見ることができるのが特徴です。動画を録画する場合は高画質な物の方がUstremeでは映えるでしょう。画質が鮮明になるため、視聴者からの支持を受けやすいのです。

またUstremeでは生配信という機能があります。ライブと同じように巻き戻すことができないのです。もう一度見るためには始めから見返すしかありません。ライブ感を大切にしたいウェビナー講師はこの理由でUstremeを好んで使うことが多いのです。

生配信以外でもUstremeではユーザー側で巻き戻しや早送りができないため、ウェビナーに集中してもらいやすい環境を作ることができます。

 

Facebook Live

Facebook Liveは日本人がビジネスでよく使うFacebookが提供しているアプリです。

無料で配信できるものでFacebookと連携しているため、誰が見ているかが分かります。コメントをすることができ、ウェビナーに対する反応が見えやすいアプリになっています。

また、Facebookと連動しているため口コミなどで拡散されやすいです。知り合いが多い人がFacebook Liveを始めれば、爆発的に視聴者を増やせる可能性はあります。