YouTube Live

ウェビナーを開催するなら、YouTube Liveを使う人が多いかもしれません。

YouTube Liveで行うウェビナーは無料で開催することができます。無料なのに、安定して配信できるのがYouTube Liveです。録画配信をする場合も、ライブ配信をする場合も無料で配信できます。YouTubeで配信するときには動画としてYouTubeに保存されるので、録画する必要がありません。

YouTubeというネームバリューがあるために、視聴者は他のツールよりも多く集まる可能性もあるのです。ウェビナーをYouTubeで配信すると広告が付く可能性もあり、無料で配信しているのに広告収入を得られるかもしれません。

ウェビナーの本来の目的であるセミナーを届ける手段としてYouTubeはかなり効果的な手段です。無料で配信できるのに公序良俗に反すること以外の制限などはなく、作った動画をそのまま配信することができます。

配信した動画はそのまま残っているので、ロングテールで視聴してもらうことも可能です。一度配信してしまえばずっと残っても無料ですので、そのままにしておいた方がいいでしょう。どこかのタイミングでヒットする動画になるかもしれません。そのような可能性を残せるのも無料だからできる手段です。

類似動画を提示する機能があるので、同じようなウェビナー動画を配信している場合には他の動画も視聴してもらえる可能性があります。

 

Ustream

Ustreamでウェビナーを開催するときにはアドフリーですぐ始められるプランとして、9800円からのコースがあります。

Ustreamでは参加人数や時間によって金額は変わる可能性がありますが、そこまで多くない視聴者を想定しているのであれば最低金額でも十分です。

有料のUstreamですが、ウェビナーには向いている面があります。Ustreamのライブ配信をする時には巻き戻しができないのです。巻き戻しができないということは、セミナーに集中して受けてもらうことができる環境を作れます。ライブ感を大事にしたい人にはUstreamはいいツールです。録画動画の配信の場合にも巻き戻しや早送りをすることができません。セミナーを全て見てもらいたいという場合にはUstreamで配信するといいでしょう。

Ustreamは昔からあるツールですので、使ったことのある人は多いかもしれません。そのため、視聴者側が見やすいということもあります。Ustreamは有料ですが、お金を払っても視聴者が使いやすいツールを使うというのは大事かもしれません。

 

Facebook Live

Facebook Liveは無料でウェビナーを配信できるツールです。

Facebookが提供している配信ツールですので、Facebookと連携しています。そのため誰が見ているかを、把握できるのが大きな特徴です。Facebookの機能を使えば、無料で拡散することも可能でしょう。

コメント機能があるので、動画に対してコメントをもらうこともできます。Facebookの機能を使って無料で集客することもできるので、知り合いが多ければ人を集めるのに苦労しないかもしれません。

 

ツイキャス

若い世代がよく使っているウェビナーを配信できるツールです。

このツールは無料で使うことができます。セールスなどのビジネスには向いていないツールですが、集客につなげるためのツールとしては見込みがあるでしょう。また、若い人向けのウェビナーであれば、人が集まる可能性があります。