ウェビナーのやり方について

ウェビナーのやり方としてはセミナーを録画して動画配信サイトで公開するのが一般的です。

オンラインセミナーやインターネットセミナーとも呼ばれるセミナーの方法になります。色々なジャンルで動画の活用が進んでいる状況から、どんどん広がる方法になるでしょう。

他のやり方としては配信時間を決めてリアルタイムのセミナー動画を配信する方法もあります。

リアルタイムで配信する場合はやり直しがきかないですが、視聴者との双方向のやり取りができることが特徴です。質問をチャットで書いてもらい、それに答えるということができます。セミナー慣れしている人には向いてる方法かもしれません。

実際にウェビナーをしている人はこれら2つの方法を組み合わせて行うことが多いです。リアルタイムで配信しながら、録画した動画を公開しています。どちらにも利点があるので、両方を併用しているのです。

ウェビナーであれば、集客さえできれば、セミナーを一回しただけで何度もみてもらえます。ウェビナーのやり方は動画配信に慣れていれば、難しくありません。

 

ウェビナーを活用する事例や活用に向いている人

ウェビナーの活用事例としては色々な内容の説明などに活用されていることがあります。

分かりにくい単語や分かりにくいビジネスについて、ホワイトボードを使って説明するのです。コンサルタントなどのセミナーなどには向いていると言えるでしょう。

また、オンラインでノウハウなどを紹介している人も実際に活用しています。細かい点まで丁寧に説明できるため、ノウハウについて細かく説明できるのです。時間を気にして説明が短くならないため、視聴者の満足度も高い傾向にあります。

専門の分野についてしっかり説明したいという人は、ウェビナーを活用するといいでしょう。一般のセミナーのように時間が制限されていると、専門的なことを十分話せないという人にも向いています。

 

実際にウェビナーを開催している人のメリット

ウェビナーには今までのセミナーでは得られなかった顧客を獲得できるというメリットがあります。

ウェビナーを実際に開催している人は遠距離で来られないとか、時間が合わなくて参加できなかったという顧客を獲得しているのです。一度ウェビナーに参加してもらえば、次も来てくれるかもしれません。

また、ウェビナーに参加するのは、セミナーに参加するよりもハードルが低いのも特徴です。実際にウェビナーを開催している人は動画を見るのに慣れている層の取り込みに成功しています。動画は暇な時間にも見ることもできますので、顧客層は広いと言えるでしょう。

他のメリットとしては動画ですので、ロングテールで視聴してもらえる可能性があるということです。ウェビナーをしている人は以前に配信したものが、何かのきっかけで視聴してもらえることもあります。その視聴をきっかけにして、今のセミナーに参加してもらえるということにもつながるのです。

 

ウェビナーを開催するときに気を付けるポイント

ウェビナーを開催している人は服装や見た目で判断されることがあると知っています。

誰かが注意してくれるわけではありませんので、自分でいつも気を付ける必要があるのです。ウェビナーの場合はパソコンでどう見えるかが重要になりますので、パソコンの見栄えをいつも気にするといいでしょう。

実際に開催している人は後ろが白の方が映えるなど、試してみて見栄えがいいようにセットを作りこんでいます。その点では照明を明るくするのも重要でしょう。暗いと印象が暗くなってしまうからです。

録画をする前やリアル配信の前には必ず練習してから望むことが大切だと、開催した経験のある人は実感しています。ぶっつけ本番でできるのは実力の何割かだけなのです。