ウェビナーは、どこから来たの?

ウェビナーとは、ウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を合わせて作られた言葉です。

ウェブ上で行われるセミナー、研修会や講演会などを指します。海外ではウェビナーという名称が一般的ですが、日本ではオンラインセミナーやネットセミナー、Webセミナーまたはeラーニングなどとも呼ばれています。

一般的にウェビナーは、大人数の参加者を対象としたセミナーをWeb上で行うことを前提としてつくられています。そのため大人数の接続が可能であり、参加者対応に必要な機能が実装されています。

 

ウェビナーは、なぜ便利なの?

ウェビナーの配信方法として、大きく分けて2つの方法があります。

まず講師が配信するセミナーにリアルタイムで受講するライブ配信があり、複数の受講生が参加可能となっています。そしてセミナーを録画してビデオコンテンツとして配信するオンデマンド配信は、受講者の都合のよい時間に受講できる方法です。

ウェビナーは、どこからでもパソコンやタブレットなどを使用して参加できます。会場までの移動時間や交通費などが必要ありません。また文字が多い資料だけよりも、セミナーや研修を受講することで理解を深められます。セミナー当日に参加ができなかった場合でも、オンデマンド配信を利用して受講することができます。

またオンデマンド配信では、受講者の学習習熟度に合わせた内容を受講する機会があります。受講者ひとりひとりに適した学習方法を選ぶことができるのです。企業側も、セミナー会場や受講生の確保などの手間やコストを軽減することができます。録画したセミナー動画を、何度も活用することもコスト削減につながります。

 

ウェビナーには、どんな魅力があるの?

ウェナビーの活用方法は、企業の研修や講座、講演会だけではありません。大人数での会議や、採用のための会社説明会などにも利用できます。

さらにウェビナーを活用することで、広域のリードを収集できるというメリットがあります。ウェビナーの大きな特徴のひとつとして、大量で詳細な情報を効果的に伝えられることが挙げられます。既存のオンラインマーケティング施策であるメールマガジンやWebサイトでは伝えることが困難であった自社製品の応用活用や自社のノウハウなどを、動画で配信することで理解しやすい伝え方ができるのです。

またウェビナーには、参加するハードルが非常に低いため集客が期待できるという特徴もあります。幅広い範囲からのリードを獲得することが期待できるのは、ウェビナーの大きな魅力といえます。

 

ウェビナーは、どんな可能性を秘めているの?

ウェビナーは、チャット機能やアンケートなどによる双方向コミュニケーションが可能となっています。

講師への質問や他の受講生との意見交換など、相互でコミュニケーションを行うことができます。同時に相手の反応や表情を見ることもできるので、より深いコミュニケーションを行うことも期待できます。

自社の製品や取り組みなどへのリアルな反応を知ることができるので、さまざまな改善策に役立ちます。リードのニーズをリアルに知ることもできるので、更なる顧客獲得への施策にもつながります。

またウェビナーでは、講師の顔や声を確認できるので、参加者に安心感や信頼感を与えることができます。このことも、双方向コミュニケーションをスムーズに行える要因となります。

加えてアンケートページを作り参加者に答えてもらい、後日送るお礼のメールにURLを添付する方法があります。そこからアンケートに誘導することで、リードのニーズなど重要なフィードバックを得ることができます。その結果、さらに自社と相性のよいリードを選定し、かつ獲得につなげることができるのです。