ウェビナーを実施する時、開催までの流れを知っていることが大切です。また、成功させるポイントも理解しているといいでしょう。そこで、ウェビナーの流れやポイントをご紹介します。

開催方法・流れ

ウェビナーを開催する際、最初に目的や内容を決めます。まずは、参加者に知ってもらいたい最終目標を決めると、内容も決めやすいでしょう。

例えば、最終目標が「会社を知ってもらう」「購買行動に繋げる」では、ウェビナーの内容やターゲットは変わってきます。そこで、最初に最終目標を考え、それに沿ったコンテンツを決めていくのです。

目的や内容が決まったら、ウェビナーのツールを選択します。ツール選択で大切なことは、機能や参加可能な人数です。基本的にウェビナーツールには参加可能な人数が設定されているため、期待する参加人数と合うツールを選択するといいでしょう。

ウェビナーに参加する人を集めることも大切です。一般の参加者を集める方法は、ホームページやSNS・Web広告などで告知します。

社内で参加者を集めるやり方は、メール通知などです。告知では、ウェビナーの内容や目的・参加人数・得られる情報などを具体的に記載しておくと、多くの人から興味を持ってもらえるでしょう。

ウェビナーを配信する前には、環境整備と配信テストをしておきます。インターネットの環境を確認し、途中でウェビナーが途切れないか調べておくことが必要です。

無線LANは接続が途切れることもあるため、有線LANに切り替えておくといいでしょう。映像の画質や声量・乱れなども確認し、最適な状態に設定しておきます。

準備ができたら、実際にウェビナーで配信します。あらかじめ録画したものを配信する場合は、参加者が理解しやすいように加工することが大切です。テロップや矢印などを使い、分かりやすい映像を作っておきます。

リアルタイム配信をする時は、話者以外にウェビナーツールの操作をする人がいると、効率的です。ウェビナーの配信には時間制限もあるため、トラブルなどで話が中断すると、参加者は不満をもってしまいます。配信が終わったら、参加人数や配信内容などを確認し、検証することも重要です。

次回のウェビナーを成功させるためには、検証をして改善点を見つけられるといいでしょう。アンケート機能がついているウェビナーツールもあるため、活用するのも一つの手段です。

ウェビナーを成功させるには?

ウェビナーを成功させるためには、配信する内容を充実させることが大切です。例えば、内容をしっかりと練り、参加者が満足できる情報を提供します。

また、話者を用意する時は、話をするのが得意な人を選択するといいでしょう。ウェビナーの場合、セミナーのように話者と参加者が同じ空間にいるわけではありません。

インターネット上で講義を聞いたり会話をしたりするため、参加者に興味を持ってもらう必要があります。つまり、話す内容や話者の態度・印象を良くすると、ウェビナーが成功しやすくなるのです。

ウェビナーを開催する時には、ウェビナーツールを使うことが必要です。ウェビナーツールを選択する時は、利用する目的や環境に合わせると、適切なものが選べます。

ウェビナーツールには、資料共有や録音などさまざまな機能があるため、求めているニーズに合わせたものを使うといいでしょう。ウェビナー開催者が求めるニーズだけでなく、参加者のニーズにも合わせると、ウェビナーが円滑に進んで成功しやすいです。

ウェビナーを開催する前には、内容や目的・ツール決めなどをしっかり行うことが大切です。配信前には画質や声量なども確認し、トラブルが起きないようにしましょう。

配信後は検証をして改善点を見つけると、次回に繋げられます。また、ウェビナーを成功させるためには、最適なツールを選択するだけでなく、充実した内容と話が上手な話者を用意することも重要です。

これを参考に、ウェビナーを成功させてください。