ウェビナーは現代ビジネスシーンにおいて重要なツールのひとつとなっています。今回は今さら人に聞けない、ウェビナーに関する基礎知識やおすすめツールを見ていきましょう。

ウェビナーとは?

ウェビナーとは「ウェブ」と「セミナー」を掛け合わせた造語であり、インターネット上で配信されるセミナーの事を指します。セミナーという名称が付いていますが、説明会や講義など多目的な用途で利用可能なシステムです。

ウェビナーのやり方は生中継の映像を配信する「リアルタイム配信」と、事前に収録しておいた映像を配信する「録画配信(オンデマンド配信)」の2種類に分かれます。それぞれの配信方法でメリットやデメリットが異なるので、用途に応じて使い分ける事がポイントです。

リアルタイム配信では参加者からの質疑応答を受け付ける事が可能なので、双方向でコミュニケーションを取りながらキメ細かい講義を作り上げられるというメリットがあります。一方で配信機材のトラブルや講師の熟練度などに依存するところが大きい点がデメリットとも言えるでしょう。

録画配信の場合は事前に収録した映像を編集するため、イラストやグラフといった視覚的に分かりやすいツールをセミナーに組み込みやすい点がメリットです。反面、映像コンテンツを作るための手間がかかるという事はデメリットとも言えるでしょう。

ウェビナーを開催する側としては会場費用や人件費を抑え、大幅にコストダウンしてセミナーを開催出来るという点が魅力です。場所さえ確保出来れば全国に向けて配信可能なので、効率的な集客で顧客拡大が見込める点も大きいでしょう。

参加者の視点からウェビナーを見ると、パソコンやスマホからセミナーに参加出来るのでわざわざ会場へ足を運ぶ必要がないという点がポイントです。録画配信の場合は一定期間公開されているケースが多いので、自分の都合が良い時間に視聴出来るのも嬉しいところでしょう。リアルタイム配信の場合でもアーカイブとして保存されている場合があります。

Fresh Voice Webinarはここが違う!

ウェビナーを開催するにはパソコン・マイク・カメラといったハードウェアの他にも、配信ツール(ソフトウェア)を事前に準備しておく必要があります。配信ツールは様々なメーカーからリリースされているので、自社の配信方法やセミナーの内容によって適したツールを使用する事がポイントです。

ウェビナーの配信ツールは基本的にリアルタイム配信を前提に作られたものが多いですが、その中でもFresh Voice Webinarがおすすめと言えるでしょう。

Fresh Voice Webinarはエイネット株式会社が提供しているウェビナー対応の配信ツールであり、映像と音声のクオリティが高く遅延も少ない事で人気を博しています。臨場感や鮮明さが求められるウェビナーでは、音声と映像のクオリティは重要なポイントなのです。

Fresh Voice Webinarはセミナー中の資料共有やリスナー全員が参加可能なテキストチャットなど、双方向のコミュニケーションに特化したツールとなっています。マルチデバイスに対応しているのでwindows・Mac・android・iOSなど参加者が利用するOSの心配をする必要がありません。

最大200人に同時配信可能なので比較的規模の大きいセミナーにも十分対応しています。録画機能も備わっているので配信をアーカイブとして残す事も可能です。また、PCであればアプリをインストールする必要がなく、招待メールに記載されているURLをクリックするだけでセミナーに参加出来る簡単設計となっています。

Fresh Voice Webinarは主催側・参加者の双方にとって扱いやすいツールと言えるでしょう。

まとめ

ウェビナーは企業のマーケティング戦略にとって大きな武器となり得るコンテンツです。ビジネスシーンの流れについていくためには、最新の情報やノウハウをすぐに顧客へ提供出来る環境を整える事が重要と言えます。

Fresh Voice Webinarはイージーオペレーションと配信クオリティを両立したウェビナーのためのツールです。配信ツールに迷ったら、まずはFresh Voice Webinarを使って自社にウェビナーを導入してみましょう。