ウェビナーのための有用なツールであるフレッシュボイスウェビナーは録画機能が付いているのが特徴です。ここではウェビナーとは何かという基礎から録画方法の実際まで解説します。

ウェビナーとは?

ウェビナーとはビジネスシーンでよく用いられるようになってきたオンラインセミナーの一種です。
ウェブ上で講師による講演を受講できる仕組みになっているのが特徴です。

配信方法にはリアルタイムで講師がウェブ上で話をするタイプと、録画されたセミナーを配信するタイプの二通りが主流になっています。
どちらのタイプでも参加者はどこからでも受講できるのがメリットです。
特にリアルタイムのウェビナーを導入して社員研修に活用する事例は急速に増えてきました。

また、研修や教育のための講座を提供する企業でも録画された講義の配信だけでなく、リアルタイムで聴講できるウェビナーを増やす傾向があります。
これはリアルタイムなら質疑応答をすることでより深い理解を得られるからです。

このようなトレンドを受けて、ウェビナー向けのツールもリアルタイム配信の機能を充実させるようになってきています。

フレッシュボイスウェビナーの特徴

ウェビナーを活用するためのツールとして導入実績を伸ばしてきているものにフレッシュボイスウェビナーがあります。
フレッシュボイスウェビナーの特徴は最大200人もの同時アクセスができるシステムになっていて、双方向のリアルタイム配信を実施できることです。

双方向というのは受講者が発言できる仕組みになっていることを意味しています。
セミナー中でも挙手をして発言できるようになっていることに加え、ディスカッションモードがあるので講師と受講者の間で自由な意見交換をすることが可能です。

また、インストールレスで使えるのも便利な点で、参加者は開催日時の少し前に送られてくるURLをクリックすればウェビナーに参加できます。
デバイスもパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットにも対応しているため、出先でウェビナーに参加するのも簡単です。

フレッシュボイスウェビナーを利用して講演を聴くとその場限りになってしまうと思うかもしれません。
何度も繰り返し聴講できたら良いのにという希望もあるでしょう。
その希望を叶えるための機能がフレッシュボイスセミナーには搭載されています。

録画機能があって映像と音声の両方を記録していつでも見直すことができるシステムになっているのです。
録画機能を使えばウェビナーで学んだことを復習しやすく、わからなかったことも再確認できるでしょう。
それではフレッシュボイスウェビナーの録画機能はどのようにしたら使えるのでしょうか。

録画方法

フレッシュボイスウェビナーでリアルタイム配信されている内容を録画するのはとても簡単です。ウェビナーの開催者がボタンをワンクリックするだけで録画できる仕組みになっています。
録画したくない部分があったらまたボタンを押せば録画を止めることが可能です。そして、また録画を始めたいと思ったら同じボタンをクリックするだけの簡単な仕様になっています。

誰でも難しいことを考える必要なく録画できるようなわかりやすいインターフェースが作られているのがフレッシュボイスウェビナーの特徴なのです。
このようにして録画した内容は当日の受講者だけでなく、招待したけれど当日に参加できなかった人にも公開できるので、欠席者への対応も完璧になるでしょう。

ウェビナーを使うとウェブ上で録画された講演だけでなく、リアルタイムでの講師によるセミナーを配信できます。
双方向のリアルタイム配信に対応しているフレッシュボイスウェビナーは、インストールレスで使える利便性の高いウェビナーツールです。
録画もワンクリックするだけで簡単にできるインターフェースになっています。