ウェビナーの事例で成功しているもの

ウェビナーの成功事例としては、セミナーをしていた人がウェビナーを開催した事例です。

セミナーで培ったノウハウを生かしたウェビナーは動画とはいえ、ライブ感があって顧客満足度が高いものになっています。セミナーでいいものは、ウェビナーでもいいことが分かる事例です。

単純にウェビナーをセミナーの動画配信と考えれば、セミナー内容が良ければウェビナーでも成功するということになります。セミナーをしていなかった人が成功した事例もあります。

それは専門知識を使ったノウハウをウェビナーで配信した事例です。一般の人が興味はあるが、難しくて手を出しにくかった専門性の高い分野を、専門知識を使って分かりやすく解説したウェビナーは成功を収めてます。

図解やホワイトボードなどを使った説明は専門的ですが、理解できるものになっているのです。普通にセミナーをしたのでは人が集まらないかもしれない分野でも、ウェビナーなら視聴者がいるといういい例になっています。 

 

失敗事例から学ぶウェビナーの注意点

ウェビナーで失敗しがちなのが、セミナーに慣れているために動画に収まりきらない動きや使えない話をするパターンです。

動画はある程度画角が決まっているので、大きく動くと見えにくい場合があります。視聴者から見えにくいというのでは不満になることも多いです。

また、動画配信をする場合には著作権の問題などで使えない話などがあります。そんな話が多いと、動画編集をしてみたらほとんど使えなかったということにもなりかねません。

セミナーに慣れていない人の失敗事例としては、声が小さいことや下を向いて話していることが失敗につながっている事例があります。声を拾うためのマイクには限界があり、小さすぎると聞こえにくいものになってしまうのです。

また、ずっと下を向いて話しているのでは自信がなく見えて、視聴者からの支持を得ることはできないでしょう。どちらの場合も視聴者数が伸びない原因になっています。

 

ウェビナーで成功するポイント

ウェビナーではセミナーのようなライブ感を楽しんでもらい、専門性の高い知識を分かりやすく提供できることが成功するポイントになっています。

そのためにはカメラやマイクにはお金をかけるといいでしょう。カメラができるのは画質のいい動画を撮ることです。画質が悪い動画というのは見ている視聴者を不快にさせてしまうことがあります。最低限パソコンで見ていて、不快にならない程度の画素数は必要でしょう。高額なカメラというよりは高機能なカメラを用意するといいでしょう。

マイクも同じように音質が悪いと視聴者が見なくなる要因になります。音割れがひどかったり、音質に問題があるものは避けた方がいいでしょう。マイクは手に持って話すタイプとヘッドセットになっているものがあります。動きが大きい場合やホワイトボードに書くことが多い場合などはヘッドセットの方がいいかもしれません。

もう一つポイントがあるとしたら、セミナーのように何度も練習することです。動画であっても、質の高いセミナーが重要になります。質が高いセミナーであれば、口コミで広がる可能性があるからです。あのセミナーが良かったという口コミは、ウェビナーで成功する一番のポイントかもしれません。

評価を高めるためにも練習をしておきます。その練習を見てもらうことも大事です。身近な人などに見てもらって、意見を参考にしてもう一度動画を取り直します。そのようにして、良いものを作り上げていくのです。

上手くいくまで何度でも挑戦するという気持ちもウェビナーで成功するためには大事でしょう。