ウェビナーとは?どのような場面で使える?

ウェビナーとは、インターネット上でセミナーをすることです。

リアルタイムでやっている配信を複数人が見る「ライブ配信」と、一人で好きな時に見る「オンデマンド配信」があります。ライブ配信は見る人の日程調整が必要になりますが、ウェビナーに直接参加することが可能です。

チャットや音声通話を使えば、質問や意見交換ができます。オンデマンド配信の場合は事前に教材や資料の準備をしますが、好きな時に見られるので時間の調節がしやすいです。

 

ウェビナーとは?ウェビナーのメリットを知ろう!

ウェビナーに参加する人側のメリットとは、どこにいても配信が見られることです。

セミナー会場に行かなくてもいいので、遠方で開催するセミナーにも参加できます。また、セミナーの内容が理解しやすいのもメリットです。

ライブ配信の時は、その会場の雰囲気を感じることができるでしょう。説明する人の表情や仕草などから、言葉以外の情報も得られます。図で説明する場合もあるので、文字を読むだけではわからない情報も取得できるのです。質疑応答の時間がある場合は、その場で疑問も解消できるでしょう。

セミナー会場内にいる人だけでなく、配信を見ている人の質問にも対応してくれます。オンデマンド配信の場合は、好きな時間に見られることがメリットです。自分の時間を有効活用でき、繰り返し見れば理解度も深められます。

 

ウェビナーで配信する時に心掛けること

ウェビナーの配信をする時には、事前にターゲットと説明内容を理解しておくことが大切です。

ターゲットの性別や年代が限定される場合もあります。配信を見る人が飽きないように工夫しながらも、不快にならない内容を心掛けましょう。

また、質疑応答がある場合は説明内容をしっかりと理解していなければなりません。配信中にうろたえてしまうと、一気に不安感を与えてしまいます。背景はなるべくすっきりとさせ、配信を見る人の目が疲れないようにするのも大切です。パーテーションやホワイトボードを利用して、背景が映り込まない配慮をしてみましょう。ホワイトボードは要点を書くなど、アイテムとしても活用できます。

配信前には、カメラの位置確認も重要です。その際には、別のパソコンからも確認して映り具合や音声の確認もしましょう。